プリント整理に便利なコクヨ~クリヤーブックノビータA4(40枚)を大学生が使った感想口コミ

コクヨのクリヤーブックノビータA4を購入する前は「プリント管理」が大変だった

年齢:20歳
職業:大学生
性別:男
都道府県:東京都
文房具の正式固有名称:コクヨ クリヤーブックノビータA4 40枚

私がコクヨのクリヤーブックを選んだ理由は、大学に入学し、高校までに比べてプリントの量が増えたためです。

高校までであれば学校に置き勉(教科書やノート、プリントを学校に置くこと)ができたため通学中にバックグの中に入っていることがなかったのですが、大学では自分の教室やロッカーがないためすべての教科書やノート、プリントを毎回もってこなければなりません。

また私は家から大学までやく2時間の通学時間があり、満員電車に乗るためバッグがつぶれたりしてプリントがクリアファイルごと折れてしまうことがありました。

そして、家に大切なプリントを忘れてしまうと取りに戻ることが絶望的なため必要かわからないけれど重要なプリントは必ずバッグの中に入れておくようにしていたため他の人よりプリントの枚数が多かったように思います。

大学入学当初はバックのなかに教科書を入れ、ノート(私はルーズリーフを使っていたためルーズリーフ用のクリアバインダーを使っていました)を入れ、そして各科目のプリント用のクリアファイルを入れていたため(プリントの量が多かったため科目ごとにファイルを分けないとプリントがクリアファイルからはみ出して折れ曲がったり汚れたりした)、整理するためのファイルのせいでバッグのなかがごちゃまぜになっていました。

 

そんな中このコクヨ様から発売されているクリヤーブックを見つけました。これならば科目ごとにファイルを分けなくても済む上に、ある程度頑丈に作られていたため長い通学時間のなかでプリントが折れ曲がる、汚れるといったことがないのではないかと思い購入しました。”

コクヨのクリヤーブックノビータの値段はいくら?どこで売ってる?

私はコクヨ クリヤーブックノビータを文教堂(書店)で購入しました。

値段は約700円だったように記憶しています。また、アマゾンでも販売されており、430円にて販売されています。

(2018年4月2日現在)そのほか一般的な文房具店やTUTAYAなどのショップでも見かけていました。

有名なコクヨさんの商品ということもあり、一般的な店舗はもちろん、インターネット上のサイトでも購入することができるため手に取る敷居が低く、基本的にだれでも使える商品だと思います。

使っている場所は自宅と、大学内などの勉強するスペースです。

なにか自宅でプリントが必要になったときだけとりだし、基本的には家ではバッグのなかに入れっぱなしにしていることが多いです。

大学では教室に入ったら基本的には机の上に取り出しておいて、授業に必要なプリントの確認などを行っています。

友人と一緒に勉強するときなどは必要なプリントが私と違う場合があるため友人に見せれるように教科書やノートと一緒に使うことが多いです。

便利なのは「何も考えなくて済むようになった」「ワイドなファイルだけどスッキリしてる」「プリントが見つけやすい」ところ|コクヨのクリヤーブックノビータ

コクヨクリヤーブックを買って良かったことはいくつもあるのですが、まず一番良かったことは何も考えなくて済むようになったことです。

 

私自身がずぼらな性格のため授業で配られたプリントを適当にクリアファイルに入れていたのですが、そうするとたまにこのプリントはなんの授業で配られたプリントなのだろうと悩むことや必要になったときにほしいプリントが見つからないことがありました。

 

しかし、このクリヤーブックを使い始めてからこの科目は最初のポケット、あの科目は2番目のポケットと決めておいたため、どの科目のプリントなのかがはじめから整理されているかのような便利さがありました。

またこのクリヤーブックの一番の目玉であろうプリントの枚数が少ないときはファイル自体もスリムでありながら、プリントの枚数が多くなったとしてもワイドなファイルでありながらすっきりとするこの機構はやはり便利でした。

大学では1年間を通してプリントが配られ続け、そしてどのプリントも後の授業で使うことがあるくらいに重要なため毎回プリントを持ち続けなければなりません。

4月のころはファイルもスリムですっきりとしていて、一年の終わりにはプリントとともに大きくなってもすっきりとした印象を与えてくれるおかげで見栄えが良いように感じます。必要な時に必要なプリントを見つけることができ、なおかつすっきりとまとめられるため本当に効率や気持ちの部分で良くなりました。

改善して欲しいのは「頑丈でない」ところだけ|コクヨのクリヤーブックノビータ

コクヨ、クリヤーブックの私の使用用途が、大学の授業プリントの整理、運用のための失敗点なのですが、たまにクリヤーブックのどのポケットがどの科目ように設定したポケットなのか忘れてしまうことがありました。

私自身の記憶力の問題ももちろんありますが、たまに見つけ出すために時間がかかることがありました。

私なりの対応はポケットに付箋で科目名を書いて貼っておくことにより、ひと目でどの科目用に設定したポケットなのかをわかるようにしました。

また、科目だけでなくサークル関係のポケット、大学の全体的な連絡用のポケットなどもあらかじめ作ることで便利になりました。

1ポケットの収容枚数が20枚なのでその点に注意していかなければならないと、当然ですが使い勝手は悪くなってしまいます。

コクヨ、クリヤーブックの表紙の固い部分が、ある程度しか頑丈でないため日常生活のちょっとしたことで傷がついたりしたことです。

とはいえ日頃から頻繁に持ち運び使っているため傷がつくことは当然ありますし、汚れていくことは必然だとも考えています。100円で売られているようなぺらぺらな商品に比べてしっかりとした造りであることも理解しているため大きな不満ではありません。

しかし、できることならばもう少ししっかりとした造りでもいいのかなぁと感じたりします。

コクヨのクリヤーブックノビータの効果的な使い方(活用のコツ)

私は、大学の授業用途に使用しているので、同じように学校のプリントを入れるために使う方は、しっかりとポケットごとにどのプリントを入れるのか分けておいた方が良いと思います。

その上でどのポケットが何用なのかをぱっと見て分かるように工夫しておくととても便利になると思います。

あたりまえですがプリントは紙なので沢山枚数が入るととてもおもくなります。

持ち運びを考えている人はできれば2つくらいもっておいてクリヤーブック自体の用途分けをしておくと持ち運びするときも安心して、軽い状態でいけると思いました。

逆にずっと同じ場所で保管するのであればしっかりと枚数をいれておいてもすっきりとするので問題なく気持ちよく使うことができます。

とても良い商品だなと日頃使っていて本当に思う商品です。

コクヨのクリヤーブックノビータの楽天・amazonでの販売価格

【amazon販売】

コクヨ クリヤーブック ノビータ A4 40枚 ライトグリーン ラ-N40LG

【楽天販売】

>>コクヨ~クリヤーブックノビータA4の楽天販売店の最安値はこちら

【動画で解説!】クリヤーブック<ノビータα(アルファ)> 商品紹介