油汚れ落としのプロも使う超強力洗浄力で便利なリンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用を30歳男性が使った感想口コミ

諦めていた汚れも一発で落とせるのでリンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用を購入しました

静岡在住の30歳男です。
職業は、製造業をやっています。

そんな私が、今回は、キッチンの便利な掃除グッズを紹介したいと思います。
それは、リンレイから販売されている「ウルトラハードクリーナー油汚れ用」です。

 

このウルトラハードクリーナーは、元々はビル清掃というプロの現場で使われている商品で
その商品が、家庭でも使いやすいように700mlというサイズになって販売されました。

 

私がウルトラハードクリーナーを使おうと思ったきっかけは
掃除道 日本そうじ協会という、掃除はこうした方が効率的でいいと研究をしてる団体があります。

そこの団体は、結構勤勉で、「掃除とは!」「掃除をすればあなたも変わる」といった感じの本を
※実タイトルとは違います。
何冊か出しているだけじゃなく、掃除講座等も行っている、実績の多い団体なんですけど
TVか何かで、その存在を知って、そこの団体は「掃除をするには、重曹を上手く使えば、楽になる」と謳っていて
当時の私も「その手があったか!」と思い、しばらくは重曹マニアになっていました。

結果だけ言えば「普通にやるよりは、たしかに早い」って感じです。

最初は、それで満足するんですけど
掃除なんて一週間に一回はやるじゃないですか、それを10年以上繰り返すと、飽きるんですよ。

「少しでも時間短縮するためには、どうしたらいいんだろうか」

と悩みだすのは、親元を離れた人達、共通の悩みの1つではないでしょうか

私もその一人で、色々と模索してる時に、出会ったのがリンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用です。

上記に書いてある通り、この洗剤は、ビル清掃で使われいる物を家庭用にリメイクした商品になっています。

この商品を見つけた時

「そうじをすることで生計を立てているプロが、現場に持って行ってるって、コレ本物じゃん!」

こんなことを思って、衝動買いをしたのを今でも覚えています。

洗浄能力というのは非常に強く、私の働く工場で、社長に話をしたところ
気になったのか、その日のお昼には掃除用具の指定場所に置かれてました。

皆が諦めていた、汚れも一発で落とすことができ、その日は、その洗剤の取り合いになり
結局、夕方には容器の中身は、空っぽになっていましたね。

そんな面白エピソードもあったりします。

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用の値段はいくら?どこで売ってる?

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用は、リンレイの公式HPを始め、多くの通販サイトで取り扱いがされています。

ほしいと思った方は、アマゾンで検索すれば、すぐに出ると思います。楽天にもありました。

通販以外では、ホームセンターで売っていると思います。
私は、ホームセンターで購入しました。

 

ホームセンターも一般家庭用ではなく、大きい町なら1つはある、ワークマンみたいな職人さん向けのホームセンターのほうが販売されている可能性は高いと思います。

プロ用という認識が強いのか、一般的に売れないのか、私の住む地域では、職人さん向けのホームセンターでしか販売されていません。

 

インターネットが復旧している今は、通販で買ったほうが、時間効率が良いと私は思います。

値段は、700mlで1280円(メーカーの提示してる価格)なので、同じ用途の洗剤に比べると、高い分類の洗剤になるかと思います。

 

私が、リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用と比較した商品は「重曹」です。

やり方は、重曹を入れた水を沸騰させて、重曹の力と沸騰する水圧の力で汚れを落とすというものなんですけど、火を使うと、その場から離れることができなくなるので、それ以外、何もできなくなってしまうというのが、私の中で長年引っかかっていた部分になります。

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用が便利なのは「本当に1吹きするだけで、元々の汚れた部分と洗浄された部分の境界線がくっきり」するところ

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用洗剤を購入して、良かったことは
油汚れ用と書いてある通り、油汚れにかなり強いです。

※一応、種類別に使い分けてるので、実際はわからないです。

 

よく、TVで食器洗剤のCMで「これを1吹きしたら、どんな汚れも一発よ♪「わー汚れが一気にとれたー」なんて茶番のような物が流れてたりしますよね。

 

実際は、取れないのが現実でして「まあ、こんなもんか」とため息をつくところです。

でも、この洗剤は、本当に1吹きするだけで、元々の汚れた部分と洗浄された部分の境界線がくっきりして、初めて使った時は、素直に感動しました。
このように感動した洗剤というのは、ウルトラハードクリーナだけです。

 

上記に書いた「重曹を使った汚れの落とし方」(他に色々ありますが)で抱えていた問題は、この商品を購入したことで、全てクリアしました。

その為、1つ1つの掃除が早く終わるようになっただけでなく、他の掃除と併用して行うことができるようになったので、
以前のそうじよりも、早く、よりきれいに部屋を清潔に保つことが可能になりました。

そういった意味では、かなりコストパフォーマンスが高い商品だと私は思います。

 

他に良かった点は、700mlと家庭で使いやすい量であること、擦る量が圧倒的に少なくなったというのが、他の洗剤と比べて大きな違いになるのではないでしょうか

普段の掃除は、今まで通りの洗剤を使い、年末等の大掃除の時のみ、コチラの商品を使うなどと使い分けてみるといいかもしません。

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用で改善してほしいのは家庭用の濃縮タイプがないところ

ウルトラハードクリーナで失敗した事というのは、正直、特になりません。

それくらい、良い商品です。
なんでCMで流さないんだろうかと不思議になるくらいです。

改善してほしいことをしいていうなら、濃縮タイプの安い商品を一般家庭にも出してほしいですね。
多分、業者用には、そういう濃縮タイプがあるのだろうけど、一般的に出回っていないのが悔しい限りです。

 

あとは、洗浄能力が高いということで、この洗剤を使う際は、ゴム手袋が必須になると思います。(肌荒れ防止のために)

ただし、通常のゴム手袋だと、水を弾くのが強すぎて、流している洗剤が飛び散って、目や口に入るという危険が考えられます。

我が家では、水仕事をする際は、ダイソーで売っている薄手のゴム手袋をよく使っています。

ダイソーのゴム手袋は、ゴム手袋なのに、水を弾かないというという点が他のゴム手袋より圧倒的に優れているからです。

水を弾くということは、水がどこかに飛び散るということで、我が家ではあまり好まれていません。
※水アカの原因になる為

ダイソーのゴム手袋は、水を弾くというよりは、水が浸透しないで水を下に落とすという、感じの水の弾き方をするため
ゴム手袋に水がついたとしても、シンク下に水が流れていくだけなので、掃除の際は、非常に便利です。

破けても100円だし、替えはいくらでもきくのは利点の一つだと思います。

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用の効果的な使い方、洗い方(活用のコツ)

今回は、キッチンの便利グッズの紹介ということで、キッチン周りを掃除できる「油汚れ用」という商品をピックアップして、紹介させてらもいましたが、
本来はリンレイのHPを見てもらうとわかりやすいのですが、「油汚れ用」「バス用」「水アカ用」「多用途」と使う場所によって、適した種類のがあるので
そちらを試してみても、おもしろい結果になると思います。

 

ちなみに、我が家は「油汚れ用」と「バス用」の2種類で家の掃除を全てすましていますが、今のところ問題はありません。

スプレーを吹いてみて「擦ってみても汚れがおちない!」という状況になった時は、すぐに水を流さず、20分ほど放置しといたら、汚れがおちたという
報告もあるので、どうしても、ダメだって時は、放置してみたほうがいいかもしません。

 

何度も書いていますが
この洗剤は、洗浄能力が非常に高いため、誤って口の中に入ってしまうと
体調を崩してしまう可能性は、十分に考えられる為、この洗剤を使った後は、よく水で流し、乾かすことを忘れないよう、注意してください。

【動画】リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用

リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用の楽天・amazon販売店での最安値は?

【楽天】

>>リンレイのウルトラハードクリーナー油汚れ用の楽天販売店の最安値はこちら

【amazon】

リンレイ ウルトラハードクリーナー 油汚れ用 700ml

新品価格
¥940から
(2018/5/25 17:16時点)