何度でも使えて便利なシリコン伸びるラップを23歳男性が使った感想口コミ

ラップの無駄遣いがもったいないのでシリコン伸びるラップを購入

年齢 23歳、職業 就労支援員、性別 男性、住み 沖縄県、
キッチン便利グッズ名「シリコン伸びるラップ」

私が便利だなと思ったキッチン便利グッズは「シリコン伸びラップ」です。

「シリコン伸びラップ」は普通のサランラップと違い、シリコン製なので何度でも使用できます。

そのため、便利な商品だと思い購入してみました。

サイズは縦と横が「16㎝×16㎝」と、「20cm×20cm」の2つを購入しました。

「22cm×22cm」のサイズもあったのですが使ってみないと分からないから無駄買いしたくなかったため、購入しませんでした。

とりあえず使ってみて、大きいサイズも欲しいと思ったら購入しようと考えました。

今までは普通のサランラップを使っていましたが、私の家では昼食や夜食を食べる際、早めに作っておいて、時間になったら食べるという習慣だったので、よくサランラップを使っていました。よくサランラップを使うので、消費が激しくもったいないと思っていました。

そこで、何度でも使えるラップがあることをネットで知り、不安はありましたが安かったため、とりあえず使ってみようと思い購入してみました。

実際使ってみると、思った以上に便利で使いやすかったです。

料理を作った後、「20m×20cm」のシリコンラップを使ってみましたが、サランラップと同じように使用が出来ました。

洗って何度でも使えるので、いままでサランラップで感じていた「もったいない」という思いがなくなり、とても良い商品だなと感じました。

「16㎝×16㎝」のサイズはメインのメニューにはサイズが小さいので使っていないですが、味噌汁やご飯によく使っています。

また、コーヒーやスープなどの温かい飲み物が入っているコップなどに使って、冷めないよう役割を果たしています。ほこり防止にもなるので、サランラップと同じ役割がシリコンラップ1枚で出来るので、とても便利です。

サランラップも安くて便利ですが、消費があるので、それを考えると「シリコン伸びラップ」の方が気軽に使えていて助かっています。

シリコン伸びラップの値段はいくら?どこで売ってる?

「シリコン伸びラップ」は100円均一の「ダイソー」で購入しました。

値段は100円均一なので108円で、今回は「16㎝×16㎝」と、「20cm×20cm」の2つのサイズを購入してみました。

100円なので手軽に買えて、失敗したと思っても100円なので許せます。

楽天やAmazonでも売っていました。

他にもコップにに蓋をするシリコン製の蓋もあって、これも便利だなと思ったのですが、コップにしか使えないサイズだったため、今回は「シリコーン伸びラップ」を購入しました。

見た目もシンプルで少し透明になっている白色なので、男女年齢問わず使えると思います。

他の店でも似たような商品が売っているのかもしれませんが、「ダイソー」の「シリコン伸びラップ」には、サイズも3段階あるのと、見た目もシンプルなので初めて購入しようと考えている方でも購入しやすいと思いました。

今は2枚持っていますが、もっと欲しくなったりサイズが大きいのも必要になったら、また「シリコーン伸びラップ」を購入しようと考えています。

シリコン伸びラップが便利なのは「生活コストの軽減」ができるから

「シリコン伸びラップ」を買って良かったことは、コストの軽減が出来たことです。

いままでサランラップを使い、すぐに使いきって、また新しいサランラップを購入してを繰り返ししたため、どうしてもコストがかかっていました。

サランラップ自体は安価ではあるのですが、私の家ではよく使うため、使いきるのも早いので困っていました。

どうしても「もったいない」と感じていた部分があったので、今回「シリコン伸びラップ」を購入してみて本当に便利で助かりました。

また、「シリコン伸びラップ」はサランラップ同様、レンジにも対応しているため、本当にサランラップの代わりとして使っています。今回は小さいサイズと普通サイズを購入したため、それ以上の大きいサイズのお皿に使う場合はサランラップを使っています。

ただ、こうして使い分けることでサランラップの消費も減り、コストが削減して良かったなと思います。

「シリコン伸びラップ」は洗って何度でも使用出来ることやレンジに対応していることでとても便利ですが、他にも約に立つことがあります。

片側が凸凹な作りになっているため、滑り止めとして使うこともあります。大根おろしをする時にシリコンラップを下敷きに敷くと、滑り止めとして約に立っています。また、硬い瓶を開けるときシリコンラップは滑らないので、シリコンラップを被せて開けたりできます

サランラップも便利ですが「シリコン伸びラップ」も様々な用途で使えるので、買って良かったと思いました。

シリコン伸びラップの注意点は「ぴったりサイズのお皿に使わない」こと

「シリコン伸びラップ」を購入してから、特に困ったことや失敗したことはありません。
サイズの幅が決まっているので、それ以上のサイズのお皿などに使う時はサランラップを使うようにしています。

今回買ったシリコンラップのサイズは「16㎝×16㎝」と、「20cm×20cm」の2つです。ただ、サイズがこの大きさという意味なので、実際お皿やお茶碗に使う時は少しこのサイズより小さい物に使うのが良いと思います。

たとえば「16㎝×16㎝」の場合、幅が16㎝ほどのお皿に使うとギリギリなため、その時には普通のサランラップが良いと思いました。

シリコン製なので引っ張ると伸びるので、便利ですが引っ張りすぎると破けそうになります。

一度無理をしていしまい、サイズが合っていないにもかかわらず引っ張って使おうとしたところ、破けそうになりました。

なので、ちょうど良い幅はシリコンラップのサイズよりも3~5cmほど小さい物に使うと、丁度よくサランラップの様に使えます。

「シリコン伸びラップ」は片面が凸凹としており、滑り止めの役割を果たしていて便利ですが、使う時に手にくっついて使いづらいときがあります。

慣れれば問題なく、凸凹は滑り止めとして必要なので、私の場合は気にならなくて済んでいます。

シリコン伸びラップの効果的な使い方、洗い方(活用のコツ)

「シリコン伸びラップ」は普通のサランラップと同じような役割に加えて、様々な用途があるので便利です。洗えば何度でも使えることに加え、レンジにも対応しているため、毎日使用することが出来ます。

シリコンラップのサイズが小さいのを使えばば、コップの蓋代わりにも使用できます。

シリコンラップを下敷きにすれば滑り止めの役割も果たし、野菜などを保管する際には、さほど大きくない玉葱などを包んで冷蔵庫に保存も出来ます。蓋が固いものを開ける時も、シリコンラップを使えば滑らないので便利だと思います。

油がシリコンラップについている場合、ネトネトするので、その場合はしっかり洗った方が良いと思います。それと、私は洗った後は干して乾かしています。その方が邪魔にもならず、他の物にくっつくことも無く、手軽に使えて良いと思います。

引っ張りすぎたり乱暴に扱いさえしなければ破けることもないので、ずっと使えてとても便利な商品だと思います。私はとても良い商品だなと思いました。”

【動画】シリコン伸びラップ

シリコン伸びラップの楽天・amazon販売店での最安値は?

【楽天】

>>シリコン伸びラップの楽天販売店の最安値はこちら

【amazon】

YIJIA シリコンサランラップ(4枚入り) シリコン蓋 繰り返し使える 冷蔵庫で使えるシリコンラップ 繰り返し使えるサランラップ

新品価格
¥669から
(2018/6/9 14:52時点)