男性一人暮らしに安全でコストも削減できて便利なティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」を23歳男性が使った感想口コミ

ガスで沸かすと危ない気がするのでティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」を購入

年齢 23歳、職業 就労支援員、性別 男性、住み 沖縄県

キッチン便利グッズ名
「ティファール 電気ケトル ジャスティン プラス カカオブラック 1.2L」

今回、私が購入した商品はティファールの電気ケトル「ジャスティンプラス」です。色は黒色で容量は1.2Lです。

購入した理由は、電気ケトルの方がお湯を沸かすとき、安全でコストも削減できると思ったからです。

いままでお湯を沸かす時は、やかんに水を溜めてガスコンロで沸かしていました。電気ケトルの存在は知っていましたが、置く場所がないことと値段も高いだろうと思っていたので、なかなか購入する勇気がありませんでした。

ただ、私の家ではインスタントラーメンや温かいコーヒーを飲む時などでお湯はよく使います。

男性の一人暮らしでもよくあることですよね。

明らかに電気ケトルでお湯を沸かした方がコスト面や利便性において効率的だと思い、購入を考え始めました。ガスの火だと危ないこともあり、ガス代は電気代より高いので電気ケトルの値段が安ければ買おうと思っていました。

そこで、買い物にいったところ、値段も思ったより高くなかったので思い切って購入をしてみました。電気ケトルは様々な種類があり、メーカーや容量や性能もそれぞれ違いましたが、今回は値段と使いやすさに絞って選びました。

すると、ティファールの1.2Lの電気ケトルが性能も良く安心なメーカーでもあり、値段も丁度良いぐらいだったのでティファールの電気ケトルを購入しました。

容量が小さいサイズもありましたが、沢山お湯を沸かす時もあるため1.2Lを選びました。

私が購入したティファールの電気ケトル少し幅があって、他のメーカーには細い円柱状のもあったのですが値段が高いため諦めました。

なので、なんとかスペースを確保してキッチンの近くにすぐに使えるように置き場所を確保しました。今では毎日使っています。

スイッチを押すだけでお湯を沸かしてくれるため、とても楽で便利だと思います。見た目もオシャレで買って良かったと思っています。

ティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」の値段はいくら?どこで売ってる?

「ティファール 電気ケトル ジャスティン プラス カカオブラック 1.2L」は、「ドン・キホーテ」で購入しました。

値段は3000円前後でした。

色はホワイトとカカオブラックがあったのですが、カカオブラックの方がオシャレでカッコ良いのでカカオブラック選びました。また、カカオブラックの方がホワイトよりも高級感を感じたのも選んだ理由の1つです。

他のメーカーの電気ケトルは3000円~9000円といった値段でそれぞれ違いました。

また、他のお店や電気屋さんでも確認したところ、私が購入したティファールの電気ケトルは「ドン・キホーテ」よりも少し高かったです。

他のお店よりも、「ドン・キホーテ」のティファールの電気ケトルの値段が安い方だったので、買って良かったと思っています。

お店によって値段が違うこともあるので、ネットで検索したり、お買い得商品で安売りしていることもあるため、買う際は情報収集をした方が良いかと思います。

値段や見た目、性能を考えても、他のメーカーの電気ケトルよりもティファールの電気ケトルで十分満足しています。

ティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」が便利なのは「お湯が湧いたら自動で止まるので安全でコストも安い」から

電気ケトルを買って良かったことは、安全性が増したのと、コストを軽減することができたことです。

今まではヤカンに水を溜めてガスコンロでお湯を沸かしていましたが、火なので危険なのとガス代もかかりコストがかかるという面で不満がありました。

 

電気ケトルに代えてからは、ガスコンロで沸かすことはほぼ無くなり電気でお湯を沸かしていて、また、お湯が湧いたら自動で止まるので、その機能も安心しています。

火を使わずに使えるので、気軽に使えるため子供からお年寄りまで使用が出来て、良い商品だと思いました。

また、コンセントがあればどこでも使えることも魅力だと思いました。場所を問わず、部屋に持ち込んで使用可能なので、ガスコンロの時よりも用途が広がりました。

ガスコンロを使用していた時は、お湯を沸かしている間は他の作業に集中できないことや、トイレに行けず、その場から離れることができない不満がありましたが、電気ケトルは安全なので、お湯を沸かしながらトイレにも行けて、他のこともすることが出来ます。

ヤカンを使っていたときは、底が熱くテーブルの上に置く際、鍋敷きが必要でしたが電気ケトルは熱くならないので、どこに置くことも可能になりました。

ティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」はコードが少し短いかも?温度調整もできません。

特にティファールの電気ケトルを購入して、失敗したことや目立った改善点はありません。

強いて言えば、他のメーカーの電気ケトルはどうなのか分かりませんが、コードが少し短いと感じました。

1mちょいの長さなので、2mほどの長さか、長さを調節できる作りだと嬉しいです。さらに使用用途を広げるのであれば、コンセントではなく、電池もしくは充電式になれば、外でも手軽に使用が出来ると思いました。

私が買った電気ケトルにはメモリが付いていますが、0.5Lからのメモリしかありません。

私はインスタントラーメンなどを良く食べる機会が多いため、100mL単位など細かい単位でメモリが刻まれていたら、少量で良いときに使いやすくて助かります。

他には、電気ケトルの注ぎ口は蓋がないため、ほこりや虫が入ることが懸念されます。

なので蓋があれば、より衛生的に使用ができると思います。

あとは、お湯を沸かす際、温度調整が出来ないため温度調整が出来れば良いと思いました。

熱いのが苦手な方や、赤ちゃん用の離乳食を作る際、用途に合った温度設定が出来れば、使い勝手が良く便利だと思います。

私が買ったティファールの電気ケトルの色の種類はホワイトとカカオブラックの2色でしたが、他にも色の種類が増えても良いと思いました。

今はシンプルな一色ですが、柄模様があったりディズニーキャラクターとのコラボ企画があったり限定品があっても良いと思いました。

ティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」の効果的な使い方、洗い方(活用のコツ)

電気ケトルを取り入れることで、朝の忙しい時間帯なども大変便利で助かると思います。ガスコンロと違い、その場に留まっておく必要がなくスイッチ1つで沸かすことができるので、時間の節約になります。

それと、1人暮らしの部屋のキッチンはガスコンロが一口しか備わっていないことが多いと思うので、フライパンなどで料理をしながら並行してお湯を沸かすことが出来て、良いと思います。

また、コンセントなので持ち運びが簡単に出来るため、キッチンで使う必要もなく部屋でも使うことが出来るので便利だと思います。

受験生が、夜食でインスタントラーメンを食べる時やコーヒーを飲む時にもキッチンに行く必要がなく、お水さえ用意しておけば手元ですぐにお湯を沸かすことが出来て良いと思いました。

【動画】電気ケトル 「カンタン早わかり解説動画」/T-fal

ティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」の楽天・amazon販売店での最安値は?

【楽天】

>>ティファール電気ケトル「ジャスティンプラス1.2L」の楽天販売店の最安値はこちら

【amazon】

ティファール 電気ケトル ジャスティン プラス カカオブラック 1.2L KO340870

新品価格
¥4,980から
(2018/6/9 17:06時点)