JALカードの便利機能口コミ!35歳会社員の男性がおすすめするお得な使い方~「結婚式の費用500万」

JALカードを作成した理由は「結婚式の費用500万円」

35歳会社員の男性です。熊本県に住んでおり、JALカードを選び使っています。

まず、私がJALカードを作ったのは11年前にさかのぼります。

当時私は今の妻と交際中で結婚しようと結婚式場を選んでいました。色々な結婚式場を見に行き、色々なイベントや食事会などに参加して最も良いなと思ったのがホテル日航熊本でした。

私たちの結婚式は参列者が多くなることからホテルを中心に選んでいたのですが、ここが料理も美味しく、担当者の対応も良かった印象です。

日航ホテルで結婚式をやると決めてから、その後新婚旅行にも行くと考えました。妻は元々パティシエをしていたため、新婚旅行はヨーロッパが必須です。

当時私は飛行機といえばANAを利用していたのですが、これを機にJALを使った方がいいのではないかと考えるようになりました。
となると結婚式の費用についてもJALカードで支払うことはできないかと考えたのです。

結婚式の費用は総額で約500万円程でした。

通常のクレジットカードの枠では収まらないため、JALカードに電話して確認したところ、そのような一時的な枠の拡大であれば問題ないとの回答をいただけました。

そこで私はJALカードを作ることに決めました。

500万円の支払いと、ヨーロッパへの新婚旅行、それだけでかなりのマイルが貯まることが分かっていたからです。

結果としては結婚式代の全てと、新婚旅行をJAL系列で予約したこと、また、新婚旅行の代金もJALカードで支払ったことでトータル6万マイルほど頂くことができました。

JALのマイルは特典航空券への交換だけでなく、電子マネーのWAONへの交換など、交換先も多彩ですので、いろんなものに交換しました。

元々の支払い金額が大きいため、微々たるものかもしれませんが、あるのとないのとでは大きな違いですので良かったと思います。

結婚式時に問い合わせをしたJALカードの方の適切な回答がJALカードを作るキッカケになりましたし、作って良かったと思いました。

JALカードのおすすめな便利機能(お徳な使い方・お得になる店舗での使い方)は「飛行機予約マイルを二重にためる方法」

JALカードというだけに、やはり航空券の予約が一番の使い方です。JALカード会員の特典がある場合もありますし、何より航空券の予約でマイルが二重に貯まるのが嬉しいです。

私は福岡から東京まで飛行機を利用することが多いのですが、仕事で使う航空券を自分のJALカードで予約し、さらに予約時には自分のマイレージ番号を登録しておけば、飛行機の利用分とクレジットカードの利用分の二重でマイルが貯まることになります。

最近はあまりありませんが以前はダブルマイルキャンペーンも頻繁に開催されていましたので、一度の飛行機利用で通常の2倍以上のマイルが貯まることもザラにありました。

また、その他公共料金の支払いにもJALカードを利用しています。電気やガス、携帯電話といった公共料金の支払いは意外と馬鹿になりません。

月に2万円程度出費していることを考えると、その分をただ支払うのではもったいなく、マイルに変えようと思いました。仕事で使う飛行機と公共料金の支払いでマイルを貯めて、貯まったマイルは趣味や遊びに使うということでおトクな気分です。

店舗でもレジ付近に行くと、JALカードの支払いでマイルが2倍になる提携店舗のマークがついているところがあります。

タクシーでも見かけることがあります。

このような場面も積極的に活用して、空だけでなく陸でもマイルを貯めることがJALカードを最大限に有効活用する秘訣だと思います。
また、空港のショップではJALカードで会計が10%オフになる店もあるんです。

ちょっとしたお土産を買うのにも10%は中々大きいと思いますので、ここも活用のポイントです。

JALカードは仕事で飛行機を利用することの多いサラリーマンの強い味方だと思います。

大変な出張もマイルが貯まると思えば少し得した気分になりますし、そこで得られる特典を自分や家族に還元することでより普段の生活を楽しめるようになります。
仕事ではぜひ活用して行くべきです。

JALカードで失敗したのは「年会費がかかる」ところ

特に良くない点というのはないのですが、一点だけ、年会費がかかるというのはいただけないかなと思います。
最近の流通系クレジットカードは年会費無料のものがほとんどです。

JALカードはノーマルの会員でも年会費がかかってしまうため、作るのに若干抵抗が出てしまいます。

また、年会費がいるのであれば、
例えばサクララウンジ1回無料だとか別の特典がつけばいいかなと思っています。

マイルが貯まった時の交換商品の価値が大きいため、年会費についてはやむを得ない部分もあるのかもしれませんが、ライトなユーザーがJALカードを持つには抵抗を持ってしまう要素の一つになり得るので、やはり年会費は無料にならないかなぁと思うところです。

また、クレジットカード利用で貯まるマイルが2倍になるショッピングマイルプレミアムも年会費が2倍になるため、ちょっと高すぎかなと思います。

元を取ろうと考えるとかなりの金額の買い物でJALカードを利用せねばならず、この特典をつける人はほとんどいないのではないかと思います。

このようにどちらも年会費の要素ですが、この点に若干の不満があります。マイルの原資という部分も考慮すると中々難しいかもしれませんが無料になるとより良くなると思います。

JALカードと楽天カードを使い分けて使うと便利です

一部ネットショッピングだけは楽天カードと使い分けています。

これは単純に楽天グループのサービスを利用するときは楽天カードの方が圧倒的にポイントが貯まるからです。

私は楽天市場を頻繁に利用しますし、楽天トラベル、楽天GORA、楽天モバイルといった沢山の楽天グループサービスを利用していることもあり、これらの支払いだけはポイントを貯めるために楽天カードを利用しています。

楽天カードのような流通系クレジットカードは年会費無料のものが多く、例に漏れず楽天カードも年会費が無料であるため分けているような状況です。
また、楽天カード利用者は楽天市場でのポイント付与率が常に上がるというのも大きなポイントです。

ポイントは実質値引きのようなものですので、できるだけお得に買い物をするためにはポイントを有効活用しなければなりません。
最大限有効活用するためには楽天カードが有利だとこの場面では判断しています。

基本的にはJALカードを利用し、楽天グループのサービスを利用する際のみ楽天カードを利用するということで、クレジットカードの使い分けをしているわけです。

極力クレジットカードは統一すべきと考えているためこれ以上に分けることは考えていません。

【動画】旅する人が本当に使えるJALカード13のサービス