レックスカードの便利機能口コミ!秋田県34歳男性がおすすめするお得な使い方は「保険の支払決済」「クレジット決済からの値引き」

レックスカードを作成した理由は「コンパクト性」

私は34歳で会社の男性で秋田県に住んでいます。

私が選んだクレジットカードは、JACCSが発行しているREX CARD(レックスカード)です。
年会費が無料で還元率が1.25%というところが最大の魅力のカードです。

▼クレジットカードを使うことになったきっかけ

社会人になってから10年ほど現金主義で生活をしてきました。しかし、30代になり健康のためと初めたクロスバイクにはまり通勤も自転車でする事にしました。
自転車で、通勤するようになるとこれまで20代の時はデザインで選んでいた身に着けるものを機能性や重さが気になるようになりました。
お財布の見直しをしている時にこれまで使用していなかった。クレジットカードを利用してみようと思いました。
多額の現金を持ち歩かなくてもクレジットカードであればコンパクトに持ち運べると思ったからです。

▼クレジットカードには大きく2種類あった

そう思ってクレジットカードをインターネットで調べてみるとクレジットカードには、ステータス性のあるカードと実用性のあるカードがあることがわかりまりました。
ステータス性はいわゆる、使っているとあの人すごいカード使っているねと思わせる多額の利用限度を持つカードある程度の年収をにおわせるカードです。
実用性は自分がよく使うお店やサービスにポイントが付くなどのサービスが充実しているカードです。
自分はこれまで、クレジットカードはもちろんポイント等をためたり、使用したりする事をほとんど敬遠してきました。
がんばったわりに効果が薄いのではないか、とか、せこい人を思わられるのではとか気にしていたのかもしれません。
でも、JACCSが発行しているレックスカードでは、貯まったポイントをネット申し込みで支払額から直接値引きしてくれる事がわかり利用してみようと思いました。

▼実用性のあるカードの中でも選んだ理由

数ある実用性のあるカードの中でもJACCSが発行しているレックスカードを選んだのは、純粋な高還元率と還元方法が値引きを選択できる点です。あとカードのデザインのシンプルなブラックがあり悪目立ちせず使いやすいと思ったからです。VISAを選択できたのもメインになりうるカードだと思いました。

レックスカードのおすすめな便利機能(お徳な使い方・お得になる店舗での使い方)は「保険の支払決済」「クレジット決済からの値引き」

レックスカードの便利な使い方とお得な値引き活用方法です。

▼レックスカードの自分の使い方

基本的にクレジットカードを使うとお得になると思って使うと絶対に使いすぎて損をするためそれは避けたいなと思っていました。
なので、基本的に持ち運ばなくてもよい使い方を考えました。
どういう事かというと、必ず生活に必要な支払をクレジット支払にしました。
水光熱費や通信費、ガソリン代、が自分ではクレジット決済する事が出来ました。調べるや家賃もできる場合があるようです。かなり限定的なようでしたが入居時には確認してみる価値があると感じました。
あと、意外だったのが保険の支払もクレジットカード払いができました。
自分は定期預金に貯金をするのではなく、元金われにしない長期の積み立て保険に加入していたのでそれもクレジットカード払いにする事が出来ました。
後は、車検やタイヤ購入など生活必須イベント、ネット決済の通信購入に利用をしています。
これだけでも年間100万円は超えるので12,500円分を毎年クレジット決済から値引きしてもらっています。

▼レックスカード値引きの仕方

最大の強みとのいえる値引きをする方法ですが、まず利用額が貯まってきたらインターネットでジャックス インターコムクラブにアクセスします。操作は簡単なのでスマートフォンからでも行えます。
たまったREX POINTは1,500ポイントごとにJデポ1,500円分に変えて値引きに回す事が出来ます。
申し込みをすると次回に支払から値引きしますとメールで連連絡が来ます。基本的にはこれで完了です。
せっかく貯めたポイントで使用方法が何かの購入に限定されてしまうとその時には必要にないモノを無理に購入したりしてしまう事も少なくありません。また、購入がきまるまで考えたり後回ししたるするだけでも時間も無駄になります。
その点この方法であれば、いつでもどこでも気が付いたときに利用分のお得をゲットできるのでとても便利だと思います。
また、還元率も当初より還元率が下がってしまったものの1.25%は、かなりの高還元率の部類です。

レックスカードでの注意点は「特典ポイントがわかりにくかった」「高還元率は年々下がっている」こと

レックスカードにも悪い点、注意点はあります。

▼申し込み時の特典ポイントがわかりにくかった

申し込み時に、5000ポイントあげます。などのセールスがかかっていたのですが2000ポイントは利用時にゲットできたのですが3000ポイントのもらい方がわからず問い合わせをするとカードが郵送されたときに小さい紙が入っていてその紙に書いている内容をよく読み申し込みをしなければいけないというものでした。
いわゆるひと手間かける事でめんどくさくて申し込むのをあきらめたりする人が出てしまうものでした。
実際期限もあり自分もギリギリになって紙を発見して申し込みをしたのを覚えています。

▼高還元率は年々下がっている

当初申し込み時には還元率は1.75%でした。これは驚異的な還元率で当時トップクラスの還元率だったと思います。それが1.5%、1.25%を下がってきてしまっています。
ただこれはクレジット業界全体流れのようで現在は1.5%くらいがトップクラスのようなので、許容の範囲だと思っています。
業界の中でも、高還元率を維持して利用の安全面を守ってくれている以上はこのJACCSが発行しているREX CARDをメインの生活支払用のカードとして利用していこうと思います。できれば情勢が許せば、還元率の回復をしれくれればなおのことよいと思います。”

レックスカードと「三井住友VISAカードのクラシックA」を使い分けて使うと便利です

カードは使い分けが肝になります。

▼2枚持ちのもう一枚は三井住友VISAカードのクラシックA

ステータス性のあるカードと実用性のあるカードがクレジットカードにはあると知った私は、自分には何がステータスとして必要かをよくよく考えて、三井住友VISAカードのクラシックAを申し込みました。ステータス性に信用が欲しいと思い見せつけるカードではなくしっかりしている事が伝わればいいかなと思ったからです。これには電子マネーにIDを付けました。
クロスバイク通勤をしていたので、支払が楽で小銭を持つ費用性が減りました。クラシックAは保障のよさがあるのに「マイ・ペイすリボ」登録+クレジットカードお買物利用で翌年度以降も年会費無料にする事ができる点です。

▼1年後には三井住友VISAカードのゴールドに

1年ほど利用しているうちに、ゴールドカードの審査も今はさほど厳しくない事、三井住友VISAカードのゴールドはWEB明細書+マイ・ペイすリボコースを選ぶだけで年会費が2年目以降も4320円になります。保障は十分なうえに、ゴールドでは年会費10,000円~20,000円が標準なのでとても安い年会費にする事が出来ます。
還元率は0.5%が基本ですが、利用額に応じて少しづつ上がっていきます。自分2枚目でお出かけ決済用がメインだったので0.625%くらいです。1年に1回か2回スターバックスの5000円チャージされたカードに変えて、妻を休日に利用するのが楽しみです。”

【動画】REX CARD(レックスカード) 高還元率クレジットカード Ver.1