dカードゴールド(VISA)の便利機能口コミ!40歳女性がおすすめするお得な使い方は「3年間の携帯補償」

dカードゴールドを作成した理由は「月額9,000円以上携帯電話を利用していたから」「dファッション利用」「iDキャッシュバック」

年齢:40歳 職業:会社員 性別:女性
大阪府在住

発行したクレジットカード:dカードゴールド(VISA)

NTTドコモユーザーなので、携帯電話の契約にドコモショップに行ったときにdカードの発行を勧誘されました。

その時は年会費が無料なのでdカードを発行しました。

今年に入って、ダイレクトメールでdカードゴールド発行の勧誘が来たので内容を読んでいたら、特典内容がdカードより良く、さらに入会特典でiDキャッシュバックがあることに気づきました。

さらによく読んでみると、月額9,000円以上携帯電話を利用している場合は年会費分のポイントが還元されると記載されていました。

私は、NTTドコモの運営しているインターネットショッピングサイトのdファッションを毎月のように利用しており、その支払いもdカードで決済していたため、年会費分のポイント還元は可能だと判断し、アップグレードをした方がお得だと思ってdカードゴールドを発行することに決めました。

国際ブランドがVISAなので加盟店が多いことと、ゴールドカードなのでステータス的にもかっこいいし、利用限度額も100万円と十分あるので、それまでは、用途に合わせて複数のカードを使っていましたが、原則的にはdカード決済にまとめてdポイントをためていくことに決めました。

携帯電話利用料金の支払いをすることでポイント還元されるとはいえ、年会費が10,800円と高めなので、申し込みまで少し考えましたが、ドコモショップに行くこともなく、インターネットサイトで簡単に申し込みができ、審査もすぐに通過してカードが発行されたため便利に利用しています。

もし、携帯電話料金決済を指定したら年会費無料という特典があったなら、最初からdカードではなく、dカードゴールドを発行していたと思います。

今後、ユーザーが広がっていけば、一定額利用で年会費が無料になる特典ができればありがたいなと思っています。

dカードゴールドのおすすめな便利機能(お徳な使い方・お得になる店舗での使い方)は「3年間の携帯補償」「JALのサクララウンジ利用」

dカードは1枚発行すると、ポイントカード、電子マネー、クレジットカードの機能が手に入ります。

国際ブランドとしてはVISAがついているので、利用できる店舗も多く、不便は感じません。

またおサイフケータイも設定できるので、カードを持ち歩いていなくても、電子マネーでの支払いができるので、キャッシュレス・サインレスでとても便利だと思います。

dカードゴールドはNTTドコモが発行しているため、NTTドコモの携帯電話・ドコモ光の利用料金の支払いとに指定しておくと、1000円で100ポイントがたまります。

また、ローソンではdカードの提示で1%のdポイントがつくし、dカードで支払いをするとさらに1%のポイントがつき、カード利用料請求時に3%の割引があり、実質5%お得になります。

たまったポイントはドコモ商品の購入や携帯電話料金の支払い等に利用したり、2000ポイントごとに2000円のiDキャッシュバックもできます。

他にも、マクドナルド、高島屋やライフなど、dポイントがたまるお店が少しずつ増えてきているので、さらにdポイントがたまりやすくなってきました。年間利用額に応じて、携帯割引クーポンなども発行できます。

もう1つのお得だと思う点は、dカードゴールドでドコモの携帯電話を購入すると、特典として購入から3年間は最大10万円分の補償がついてきます。このため、別途有料の携帯補償サービスに入らなくても安心です。

携帯電話の紛失などに備える携帯補償サービスは使う可能性が低いけど、万一に備えて入っておくほうが安心な補償なので、無駄だとは思いながらも月額を支払い加入している方が多いと思いますが、dカードゴールド支払で3年間の補償がついてくるので別途加入する必要がなくなり、3年間分の月額が節約になり大変お得だと思います。

また、家族カードが1枚まで無料で発行でき、ETCカードも発行できます。NTTドコモユーザーにはメリットが大きいと思います。

ちなみにJALのラウンジ(サクララウンジ)にdカード・ゴールド提示で入れます。

dカードゴールドで失敗しやすい注意点は「おサイフケータイの設定」

dカードからdカードゴールドへとアップグレードする際には、カードの番号が変わるので、インターネットサイトなど、支払い登録しているものについては変更登録をしなくてはなりません。

しかし、ドコモの携帯電話の支払いやおサイフケータイの登録は自動的に変更されるので変更がいらないそうです。

私は携帯電話料金の支払いをdカードで行っていたため、ポイント還元率が優遇されることを理由にアップグレードでdカードゴールドを申し込みしましたが、その際にはカード番号が変わるという注意点には気づきましたが、おサイフケータイの設定を変更しなくてよいという注意書きには気づきませんでした。

おサイフケータイの画面のカードデザインも、通常のdカードと同じシルバーのデザインになっているため、アップグレードした後におサイフケータイに登録されているカード番号を削除してしまい、おサイフケータイが使えなくなってしまいました。

理由がわからず、コールセンターに問い合わせしたところ、おサイフケータイ用のカード番号を再発行しなくてはいけないとのことで、数日間おサイフケータイが使用できなくなってしまいました。

同様の間違いをする方が複数おられるようですので、アップグレードする方はおサイフケータイの設定は変更不要ということに注意された方が良いと思います。

また、年会費が、\10,800かかるので携帯電話料金の支払いが月¥9,000未満の方は携帯電話料金の支払い以外にdカードゴールドを利用しない場合は、年会費分を取り戻せないので、年会費無料のdカードを検討された方が良いかもしれません。

dカードゴールドとイオンカードを使い分けて使うと便利です

基本的には携帯電話料金とドコモが運営しているインターネットショッピングサイトのdマーケットの利用料金の決裁をするために、ポイント還元率が高いdカードゴールドを発行しました。

また、ローソンでの買い物ではポイント還元と割引があるので、dカードゴールド決済となるiDもしくはおサイフケータイで支払いをしています。最初は他のカードをメインカードにしていて、そのカードでためたポイントをdポイントに交換していましたが、複数のカードの支払いを管理するのは手間なので、dカードゴールドを発行してからは、メインカードをdカードゴールドにして、他のカードはそのカードならではの特典が利用できるときにだけ使うようにしています。

例えば、イオンカードを持っていますが、イオンでの店舗で実施されるイオンカード利用のセールの際やイオン系列の店舗でのポイントアップ実施の際の支払いはイオンカードで決済をしています。

その他、銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体となっているものについては、年に1回以上、クレジットカード決済をすることで年会費が無料になる特典があるので、利用忘れをしないように、公共料金の決裁カードに指定しています。

【関連動画】温泉旅行にいった男女…そこで事件発生!dカード GOLD「温泉旅行」篇