リクルートカードの便利機能口コミ!35歳女性がおすすめするお得な使い方は「リアルタイムですぐにポンタポイントに交換」

リクルートカードを作成した理由は「ポイントの還元率が高いと評判だったから」

私の年齢は35歳でウェブライターをしていて静岡県に住んでいる女性です。

使ったクレジットカードはリクルートのJCBクレジットカードです。

私がリクルートカードを作った理由はポイントの還元率が高いと評判だったからです。

 

一般的なクレジットカードの場合、ポイント還元率が多くても100円で1ポイントたまりますが、リクルートのJCBクレジットカードの場合には100円で1.2ポイントもたまるのです。

しかもリクルートカードはこんなにも還元率がいいのに、なんと年会費無料で持つことができます。

 

カードを作るのにも持つのにも一切お金がかからないのに還元率がいいのはリクルートカードの他にないと思いました。

やはりクレジットカードを持つのなら、お得でなければ意味がないと思っています。

カードを使うことでポイントがたまり、それを生活に活かすことができればいいなと思っていたのです。

 

また、リクルートカードはたまったポイントがリクルートポイントとして還元されるのもいいなと思いました。自分のリクルートIDに自動的にポイントが付与されるのでわざわざポイントを使うために申請をする必要もありません。

さらに、リクルートポイントはホットペッパービューティやホットペッパーグルメで使うことができます。美容院や外食費をリクルートポイントでまかなうことができるので生活が助かります。

その他にも、リクルートポイントはリアルタイムでポンタポイントにも交換することが可能です。ポンタポイントはローソンでのお買い物やネットショッピングにも使用することができます。

また、ポン活といってローソンに設置されているロッピーという機械に通すと、ポンタポイントでお菓子やデザート、お酒などが通常の価格ではなくお試し価格で手に入れることができるのです。

クレジットカードを利用することで得たリクルートポイントはこのように使い道が豊富で、生活に役立つものばかりです。そのため、リクルートカードを持ち、使えば使うほどお得になると判断し、申し込むことにしたのです。

リクルートカードのおすすめな便利機能(お徳な使い方・お得になる店舗での使い方)は「リアルタイムですぐにポンタポイントに交換する」

リクルートカードは、ポイントの還元率が高いのがおすすめポイントです。

年会費無料なのにも関わらず100円で1.2ポイントがつき、リクルートポイントとして付与されます。

このポイント還元率は他のクレジットカードに比べても断トツの高さです。なので、リクルートカードを持つのなら、メインカードとして持つことがお得な使い方だと思います。

電気料金や水道料金などの公共料金の支払いや電話料金の支払いなどをすべてリクルートカードで引き落とすようにするだけで毎月何もしなくてもどんどんポイントが自動的にたまっていきます。

それに加えて、食費や日用品などの普段のお買い物にもリクルートカードを使用すればさらにポイントがザクザクたまるのでおすすめです。

 

お手持ちに他のクレジットカードがあってそのポイント還元率がリクルートカードよりも低いのであれば、リクルートカードをメインのカードに切り替える方が断然お得になります。

また、リクルートカードを使用して得たリクルートポイントは、ホットペッパーグルメやホットペッパービューティーなどに使用することもよいですが、よりお得な使い方はポンタポイントに交換してポン活として利用することです。

リクルートポイントはリアルタイムですぐにポンタポイントに交換することができます。ポン活は、ポンタポイントでお菓子やお酒などの嗜好品をお得にゲットできるサービスです。

ローソンに設置されているロッピーの機械にポンタポイントが入っているポンタカードを通せば、ポンタポイントをお試し券と引き換えすることが可能です。

 

お試し引換券と該当する商品をレジに持っていけば、通常価格の半額以上のお得さで商品を試すことができるのです。普通にスーパーなどでお菓子やお酒を買うよりもかなり安く手に入れることができるので生活費の節約にもなります。

リクルートカードを作るのならぜひメインカードにして、たまったポイントはポンタポイントに交換、そしてポン活に使用するのがお得でおすすめしたい活用方法です。

リクルートカードでの注意点(トラブル)は「商品券への交換は廃止されたこと」

リクルートカードは、たまったポイントはリクルートポイントにしか交換することができません。

 

以前はショプリエというアプリを使えば、ポンタポイントを商品券に交換することができましたが、現在では商品券への交換は廃止されてしまいました。

リクルートポイントはホットペッパーグルメやホットペッパービューティー、ポンタポイントを使う人にとってみればお得ですが、もしもリクルートポイントをあまり使わない人にしてみれば、ポイントがたくさんたまったとしてもあまりお得ではありません。

ですから、たまったポイントをリクルートポイントの他にも、全国で使用できるギフト券や商品券などに交換することができたらもっとポイントの使い道が増えてお得だなと感じます。

いくらポイントの還元率が高いからといって、いざ作ってはみたものの、結局ポイントを使う方法が自分には合っていなかったとなったら全くお得ではなくなってしまいます。

 

そのため、リクルートポイントを使うことがお得かどうかを見極めてから作った方がいいと思います。

 

もちろん無料で作成できるクレジットカードなので、作っておいたとしても無駄ではありません。

 

ただ、現在使用しているクレジットカードの還元率がリクルートカードよりも低い場合でも、ポイントの使い道がリクルートカードよりも豊富にあるのなら、わざわざリクルートカードをメインカードにしたらすごくもったいないことになります。

リクルートカードはすごくお得なカードでおすすめですが、自分にとってお得かどうかを考慮して作成した方がいいと思いました。

リクルートカードとイオンカードを使い分けて使うと便利です

私は他のクレジットカードと使い分けています。公共料金の支払いはリクルートカードにして、食品や日用品などのお買い物はイオンのカードを使用しています。

なぜなら、イオンのカードはイオン系列店で使用するとポイントが数倍に増えるキャンペーンをよく行っているからです。

リクルートカードはポイント還元率がイオンカードよりも高くてお得ですが、店舗で使用してポイントが数倍になるキャンペーンはなかなかやっていません。

私の自宅近くにはイオン系列スーパーがあるので、食品や日用品などのお買い物はポイントが数倍もらえるイオンカードを使った方がリクルートカードを使用するよりもお得なのです。

そのため、すべてをリクルートカードで支払わずに、よりお得になる用途を見極めて使用しています。そうすることでさらにポイントがまんべんなくたまると思っています。

また、イオンカードにとどまらず、他にもカードを数枚持っているので、それぞれのクレジットカードのお得な使い道を考慮して用途によって使い分けをしています。

公共料金の場合にはリクルートカードが一番お得だと思っているので毎月引き落としをリクルートカードにしザクザクとポイントをためることができています。