エポスVISAクレジットカードの便利機能口コミ!27歳主婦がおすすめするお得な使い方は「マルコとマルオの7日間」

エポスVISAクレジットカードを作成した理由は「マルイのバーゲン会場」

東京都在住27歳主婦の女です。もう何年も前になりますが、大学に入って間もないころ、EPOSのVISAクレジットカードを作りました。

特別クレジットカードが必要だった環境ではありません。マルイのバーゲン会場で「今作ればポイントがこれだけつく」といううたい文句に惹かれてカード案内ブースに座りました。

もともと親が買い物にクレジットカードをよく使う人だったので、そもそもカードを持つこと、使うこと自体に抵抗も疑問もない環境で育ってきました。

 

親も子に対し「あれば便利だよ」程度の認識でした。身の丈を越した高額買い物をしないであろう子どもだった(少なくとも親にはそう思われていた)から親もこのように構えていたのだろうと思います。

その土台の上で、勉強と部活にあけくれた高校生活とは違い、大学生として人並みにアルバイトもするようになったこともカード作成の後押しになりました。

 

自分の口座にお金が入ってくるようになったのです。カードを持とうにも引き落とすための口座がない、もしくは残高の増えない口座しかない状況であれば、「決まった日に口座からお金を引き落とすカード」など作れません。

周囲が止めない、自分に抵抗もない、お金もある程度入ってくる、という状況であれば、クレジットーカードを作るのには「お得そうな広告」が目に入ったというきっかけだけで十分なのです。

とはいえ、ただお買い物するのに便利だから、という理由だけで盗難・悪用という大きなリスクを抱えるクレジットカードを作ったわけではありません。

多くのクレジットカードは、なんらかのポイントによる特典がついていることがほとんどです。最初に言った通り、私が選んだのはEPOSのVISAクレジットカード。

 

EPOSのカードといえば、それがどこのクレジット会社であっても、マルイでのお買い物でポイントがたまっていくのです。

 

つまり、マルイでのお買い物の機会が多い人ほどポイントがよくたまります。親の持つカードにはプランタン銀座のカードもありましたが、銀座一か所の高級ファッションビル(当時の大学生のアルバイト代からすれば)より自宅の近くと大学近くの両方はもちろん、都内の繁華街のほとんどに居を構えていたマルイのほうが、圧倒的にお買い物によるポイント付与の機会に恵まれていると思ったのです。

エポスVISAクレジットカードのおすすめな便利機能(お徳な使い方・お得になる店舗での使い方)は「マルコとマルオの7日間」

エポスカードであるメリットの一番わかりやすいところは、ポイントがたまるお買い物の機会が多いところです。

 

このポイントは現在200円購入ごとに1点付与され、1点=1円でマルイのお買い物に使うことができます。

 

であればもちろんポイントをためる機会は多いほうがいいのですが、都内いたるところにマルイが作られていて、さらにネットショッピングでもポイントが付くというのは大変魅力的な点です。

 

さらに、「そんなに買い物しないし……」という場合であっても、実は公共料金の引き落としにこのエポスカードを使っているとそれだけでポイントが付与されるのです。ポイントのためのお買い物をしなくとも、普通に生活しているだけでポイントがたまるのはかなり楽です。

 

いつの間にかたまっていたポイントは、マルイ店頭での何気ないお買い物中に「お客様のエポスのポイントが現在○○ポイントたまっておりますが~」と言われて目当ての商品を思いがけず安く、場合によってはポイントのみで購入できるのはとてもお得な気分です。ポイント利用に面倒な手続きがいらないのもうれしいところです。

また、たびたび街中で広告・CMで見かける通り、「マルコとマルオの7日間」というEPOSカード利用者だけが受けられる10%値引きキャンペーンも重要な魅力の一つと言えるでしょう。

 

その期間だけ、書店などをのぞいて、商品をEPOSカードで購入するだけで値札の10%が引かれてお会計となるのです。食品購入やレストラン利用でも同様に10%引きなので、この期間にお買い物や外食がはかどる利用者も大勢いるでしょう。

加えて、実はVISA加盟店であればマルイでの買い物に限らずポイントが付与されるというのもおおきな強みです。買い物の場所をマルイに限定する必要さえないのです。

さらに、VISAカードを作れるメリットもあります。

クレジットカードを作る意義の一つに海外旅行でも使えるというのがあります。

多額の現金を持ち歩くのは危険なうえに、海外旅行保険では現金が盗難に遭った場合全く保障されません。海外対応のクレジットカードがあれば現金は必要最小限で済みますし、万一盗難に遭った場合も迅速にカード会社に連絡すれば、悪用されて自分のお金を失うこともありません。

エポスVISAクレジットカードでの注意点(トラブル)はリボ払い変更

EPOSのVISAカードの作成上の注意点は、そもそもやはりクレジットカードの利用に向いている人かどうか、というところがまず一番です。

基本的に自分の口座に入っているお金以上にお買い物してしまうようなお買い物中毒の人、または、実は利子をものすごく払うことになるのにEPOSカードの「リボ払いに変更するならこの日までですよ」というメールで、なんだかリボ払いのほうが楽なのでは?と安易にとらえてリボ払い変更してしまうような人は向いていないといえます。

自分がいくら使っているのか、次の支払日にいくら引き落とされるのかは専用サイトでも確認ができますから、都度都度確認して無理のない買い物ができる人であることtが大前提です。

それから逆に、上記のような使い過ぎを防止するために利用上限額をあえて低く設定する、ということも可能なのですが、これをやると上限額を「下げる前に戻す」ことができない場合があります。

 

いつもより多額の支払いが必要になったときにカードが使えなくなる可能性がありますから、これは注意しておきたいところです。

 

また、この「上限額を下げる」設定は、メールやネット経由ではできず、直接連絡しないといけないという手間もあります。

もっとも、本人確認はもちろん、ネット等で気軽にできないからこそ上限額の変動は慎重に、ということにもつながるのでしょう。

エポスVISAクレジットカードとルミネのマスターカードを使い分けて使うと便利です

お得なエポスVISAクレジットカードですが、私はこのカードをおそらく1回も使っていないであろうショッピングビルがあります。

それは「ルミネカード」をかかげるショッピングビル、ルミネです。言わずもがな、ここでは私は絶対にルミネのマスターカードを使うからです。

というのも、ルミネでルミネのクレジットカードを使うとキャンペーンの有無にかかわらず常に5%引きなのです。しかも年会費がかかるクレジットカードなのです。

ルミネではルミネのマスターカードで安く買い、ポイントをため、年会費のもとをとらねば!と思うため、ここではEPOSカードをお財布から出すことはありません。

マルイとルミネは若者が集まる繁華街のほとんどに、その両方があります。

 

ターゲット層も高校・大学生ぐらいから仕事をする女性が大半であるなど、大体かぶっているといえます。(マルイはメンズ館がある場合もありますが)

そうなってくると基本的には、お買い物はルミネでもマルイでも楽しめる、都内でどちらか目当てに行けばもう片方も大抵ある、という状況です。あとはどちらがキャンペーン期間中かによって行く優先度は変わりますが、いつでもルミネでの買い物が値引きされるルミネのマスターカードはルミネで、マルイはじめほかの店舗でもポイントが貯められるEPOSのVISAカードはルミネ以外のすべてで使う、ということにしています。