セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードの便利機能口コミ!30歳男性がおすすめするお得な使い方は「ETCカード利用でポイント」

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードを作成した理由は「当日申込でクレジットカード本体とETCカードが得られるから」

財布の中にクレジットカードも多数入るわけではないので、持ち歩かないカードもあります。

私は、セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードについては財布に入れていません。持ち歩かずに利用しています。

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードは、ETCカードが欲しいので作ったものです。

数少ない、当日申込でクレジットカード本体とETCカードが得られるという優れものだからです。持って4年ほどになりますが、現在でもこのサービスは継続中です。

マイカーは持っていないので、ETCカードに縁はありませんでした。

ですがカーシェアをよく使うようになり、持っておくことにしたものです。

カーシェアをよく利用するようになってからも、近所で使うだけの場合もあり、必ず高速を使うわけではありません。ですから、ETCカードの年会費など絶対支払いたくありません。

ETCカード無料で、発行も速いということですから、ネット記事を参考に作ってみることにしたのです。

セゾンカードは、社会人になった頃に持っていました。

あまり買い物には使わず、キャッシングをして、カウンターで早めに返済していた記憶があります。

当時と同じセゾンカードインターナショナルではつまらないですし、VISAもMasterも持っているので、AMEXにしました。

AMEXのシリーズは、セゾンカードインターナショナルとは別の扱いになります。

ですが違いは、年会費ぐらいです。

セゾンカードインターナショナルは年会費永年無料、セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードは、年間一度以上の利用で年会費無料です。これはまったく問題ありません。

実質年会費無料のカードですしスタイタスもありませんが、カード券面の古代ローマ兵士はお洒落だと思います。
現在はETCと、カーシェア代金の支払いのために使っています。

ネットショッピングにも使います。

ネットモールを経由してポイントが多く貯まるサービスはどのカードでも実施していますが、よそよりポイントが多く貯まる店があるので、その際にはこのカードで決済しています。

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードのおすすめな便利機能(お徳な使い方)は「ETCカード利用でポイントが付く」

なにしろこの、セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードですが、持ち歩かずに利用しているので、フル活用しているとはいえません。

それでも、もともとの目的であるETCカード利用については満足しています。ETCではポイントの貯まらないカードも出現している中で、普通にポイントが貯まり、年会費も掛からないというのは大きなメリットです。

カード本体のサービスでいえば、まだ使ったことのない「毎月5日・20日は西友で5%オフ」というのは面白いと思っています。

西友は、近所でもないものの行ける範囲にあり、一度利用してみようと思っています。特に6月7月は、毎週土曜日が5%オフの対象になるということなので、必ず行くつもりです。

セゾンカードのWebサービスでは、面白いものがあります。

パソコンのブラウザに「永久不滅プラス」を設定していますが、これでいつもお知らせが受けられます。

永久不滅ポイントが多く貯まる加盟店のサイトを開くと、自動的にお知らせが出ます。

正直うっとうしいことも多く、削除してしまおうかといつも思うのですが、メリットもあるので残しています。

ECモールで買い物をするとき、一般のカードでは、手順が面倒です。

クレジットカードの公式サイトにログインし、会員用ネットモールのリンクをクリックしてから、目当てのモールで買い物をしなければなりません。

この点、セゾンカードの永久不滅プラスだと、利用したいECモールにアクセスすると勝手にポイントアップの案内が出ますので、スムーズです。

最もよく使うネットモールLOHACOで貯まるポイントが3倍と、他のカード経由よりも率がよいのでセゾンカードで支払うことが多いです。

また永久不滅プラスでは、アンケートの実施をよくしており、こちらでアクションポイントという別のポイントが貯まります。

アクションポイントは永久不滅ポイントの100分の1の価値でしかないので、本気で取り組むようなものではないですが、ちょっとした息抜きを兼ねてのポイント稼ぎにはいいものです。

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードで失敗したのは「ポイント還元率が0.5%」なところ

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードのよくない点としては、セゾンカード共通ですが、ポイント還元率が0.5%と、数あるクレジットカードの中でも最低クラスであることです。

ただこれに関しては、あまり使わないのにも関わらず、「永久不滅ポイント」としていつまでも貯まり続けるというメリットともいえるので、仕方ないかと思います。サブのカードのポイントは、どうしても余って使えないことがありますが、セゾンの場合にはこういうことはありません。

もっとよくないのは、UCカードとの統合に伴い、長さに定評のあったセゾンカードの支払サイトが短くなってしまった点です。これはもう、仕方ありません。普通のカードになったわけです。

国際ブランドのAMEXについては、日本国内三大ブランドに入っていないので少々利便性が落ちます。

加盟店が少ないとされている点については、JCBと提携しているため、実店舗において使えないことは実際には少ないことはないようです。

もっとも私のように持ち歩かず、ネット利用の場合には、AMEXが弾かれることが多いのは事実です。

カード番号の体系が違うため、ネットのJCB加盟店では使えないことが多いです。
メインのカードにする場合には向かないでしょう。

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードとJCB、VISA、Masterカードを使い分けて使うと便利です

セゾンパール・アメリカンエキスプレスは、国際ブランドがAMEXのためもあり、メインのカードにはなり得ないと思います。

特にWebでの利用に関しては、相変わらずの状況です。もっとも、電子マネーのiD、QUICPayを利用すれば、実店舗においてだいぶ利用範囲が広がるのではないかと思います。

ですが、すでにJCB、VISA、Masterのカードを持っている人が、もう一種類の国際ブランドが欲しいというときには、年会費実質無料のこのカードは非常に便利と思います。仮に、AMEXのオリジナルカードを入手する場合、世間一般のゴールドカード並みの年会費が必要です。

サブのカードでも、ポイント失効を気にしなくていいのもメリットです。

私の場合、ETCカードとカーシェア代金をセゾンカードに分けていますが、別に分けなければならないわけではありません。

 

ですが、セゾンカウンターがあるメリットを活かした、ETCカードの発行スピードの速さは素晴らしいものでした。本当に即日で入手したことに感謝して、今でも使い続けています。

なお、セゾンカードは専用ATMもあり、キャッシングの利便性が高いことはメリットでしょう。カウンターでの随時返済もできます。
ただし私は、キャッシング枠はすでに廃止してしまいました。