改札やバス前に便利な残高確認系アプリ「Suica&PASUMOリーダー」を使ったAQUOSユーザー51歳性男のおすすめな使い方

改札やバス前に便利な残高確認系アプリ「Suica&PASUMOリーダー」

年齢:51歳
職業:会社員
性別:男
住んでいる都道府県」東京都
使っている携帯:AQUOS SH-04
使っているアプリの名称:Suica&PASUMOリーダー>>App Store

Suica&PASUMOリーダーアプリはSuikaやPASUMOのなどの残高や利用履歴を読み取り、表示することができます。機能は単純なものです。朝のバスで悪天候。長蛇の列ができています。

ようやく順番が来て乗り込んで、PASUMOをタッチ「ビビ」といつもと違う音がして、運転手さんに「残高が足りません。チャージしますか?」と問われ「チャージします」

慌てて財布をカバンの中から探しますが、こんな時、なぜだか財布がすぐに出てきません。

慌ててようやく見つけて財布の中を確認すると、なんと1000円札が1枚もない。

「10000円しかないのですが」運転手が面倒そうに両替をしてくれます。

両替後に1000円を機械に投入すると何度もはじかれる。

見かねて運転手が1000円札のしわを伸ばし、無事に1000円投入しチャージ完了、再度タッチでようやく乗車します。

その際の車内の視線、後ろの列のお客さんたちの視線は「早くしろよ」「チャージしておけよ」「1000円札ぐらい持てろよ」と言われれいるような気がしてなりません。

折角、バスに乗っても変な汗が噴き出て、いつまでも気分がさえないなんてことが何回かありました。

ふとしたきっかけでこのアプリを見つけ利用を開始しました。その後は、解消、気分爽快です。

【便利な使い方】「複数のカードも読み取れるので、友人が、、、」

バスや電車を利用する際、SuikaやPASUMOをタッチすると残高不足と伝えられ、その場でチャージをする際に慌ててカバンの中からお財布を取り出し、「チャージをお願いします」とお金を入れるとき周りの視線感じませんか?

朝の通勤時間帯はみな急いでいるので私はとってもその視線を感じます。「残高ぐらい把握してろよ」「早くしろよ」と言われているようでさらに焦ります。

Suica&PASUMOリーダーアプリは携帯にSuicaやPASUMOをタッチすると残高を表示してくれるので利用前に残高確認ができるため上記のような状況にならずに済みます。

利用方法も簡単で、アプリを起動し、SuikaやPASUMOをタッチするだけです。複数のカードも読み取れるので、友人が残高あるかな?と不安げな顔をした時にも「ちょっとPASUMO貸してと」声をかけ読んであげると残高が表示されるため「あと〇〇円あるよ」と伝えてあげると大変に喜ばれます。

こまめにチャージをしている人は別かもしれませんが数千円を一度にチャージしてしばらく利用していると残高がわからなくなります。確かに駅の改札を通過する際に残高表示もされますが覚えていないものですよね。

Suica&PASUMOリーダーがあれば不安な際に残高確認ができるのであらかじめチャージをしないとと分かります。そのため、自動改札で扉が閉まる恥ずかしい思い。

私もなんだどか経験しましたが他人がどう思おうとも私はとっても恥ずかしい気持ちがしますので重宝しています。また、バスの際はチャージにも時間がかかり長い列で並んでいる人たちからの「早くしてよ」と、実際は思っていないのかもしれませんがそんな無言の圧力を感じることなく過ごすことができます。

実際に残高不足でチャージをする際、早くしないとと思いながら慌ててしまい中々、財布が見つからない。

財布が見つかっても1000円札がない。1000円札を入れても読み取りが悪くて何度もはじかれ、多くのお客さんを待たせてしまうなどの経験はなくなりました。このような場面がなくなっただけでも十分に利用価値がありました。

「ちょっとプライバシーが垣間見れた瞬間がありました。」Suica&PASUMOリーダーアプリで改善してほしいところ(注意点)

単純なアプリなのでよくない点はほとんどありません。

強いてあげるおなら読み取りに際して、しっかりと読み取れるときと、読み取れないときがあるのは事実です。

単に接触、カードの位置などが問題のようですが決まった位置を覚えてしまえばこのようなこともなく、一度で読み取りをしてくれます。

また、不要といえば不要なのが、利用履歴が表示されることです。

たまたま友人のPASUMOの残高の確認をされた際に利用履歴が表示され、ちょっとプライバシーが垣間見れた瞬間がありました。その部分は表示や非表示の選択ができるとなおよいのかもしれません。見ないようにしてデーターを消去すればいい話ですが人間て不思議なもので見てしまいませんか?

私は見てしまい、ちょっとした好奇心から友人に訪ねたら、ちょっと嫌な顔をされました。

履歴は自身で削除しなければいつまででも表示されます。

マナーとして他人の依頼で残高確認をしたら読み取り情報を消去するのがマナーなのかもしれません。

いずれにしても小さな問題はこのように使い手側のちょっとした作業で解消できますので不便といった要素はほとんどないように感じます。これも個人差はあるでしょうが私自身は全く不都合を感じません。

残高確認系アプリ「Suica&PASUMOリーダー」のおすすめな使い方

こまめにチャージをしていつもぎりぎりのチャージでSuikaやPASUMOを利用している人にはお勧めします。外出前にちょっと読み取るだけで残高がわかります。

バスの利用時に準備をせずにチャージを依頼されると、財布を探し、1000円札を入れて、チャージ、再度のタッチと相応の時間を要します。

特に悪天候で利用者が増えた朝のバスは、このような配慮があると乗り降りの時間も短縮され多くの方の利益になるのだと思います。

同時に、多くの人の「早くしろよ」視線を感じずにあらかじめの想定の中で行動できます。変な汗をかかずに済みます。周りの視線を気にしてしまう人、不意な問題への対処の際に慌ててしまう人などには特におすすめしたいと思います。

慌てると二次災害や三次災害のように悪いことが重なったりしますよね。そんなことへの不安が解消されます。準備って意外と大切なんだと思います。

朝は特に一日の始まりでその日を左右してしまうかもしれません。そんな場面で失敗しないためにもこのアプリを活用して、ゆとりを持った行動ができれば失敗を回避でき、よい一日を始めることができます。

特に利用が多い日などは朝の利用で残高を確認し、あらかじめ準備することをお勧めします。