パンチ穴補強で便利なシール「コクヨ・ワンパッチスタンプ」を経理職女性が使った感想口コミ

ワンパッチスタンプを購入する前は「パンチで穴を開けたあとの書類がボロボロ」だった

青森県に住む女性です。42歳で、経理の仕事をしています。
私が便利だと感じている文房具は「コクヨ ワンパッチスタンプ ターPSM10B」です。

 

ワンパッチスタンプを使って私の悩みは大きく解消されました。
それまでは、パンチで穴を開けたあとの書類が、繰返しめくるうちに、いつのまにかボロボロになってしまうのを、本当に不便なものだと感じていました。

よく使う書類であればあるほど、穴がぼろぼろになってしまうのは本当に困りものでした。

 

このトラブルへの対策として、最初は、パンチ穴パッチという商品を見つけて購入しました。
文房具店でも販売していますが、100円ショップなどで購入することも可能です。

この商品は、シールをパンチの穴に貼るだけのものです。

これにより、穴がボロボロになる問題は解決しました。

しかし、この商品は、シールタイプであるため、1枚ずつ台紙からはがして貼らなくてはなりません。

10~20枚程度の書類であれば、1枚ずつ貼るのも面倒ではありません。

しかし、数十枚、100枚以上となると、時間のロスが気になってしまいますし、本当に手間が掛かってしまいます。

 

そんなときに見つけたのが、この、「コクヨ ワンパッチスタンプ ターPSM10B」です。

これはパッチを貼りたいパンチ穴にふたの部分をひっかけて、軽くぽんと押すだけで、パンチ穴シールを貼ることができます。

それまでのように、台紙から1枚ずつシールをはがす必要がありません。

そこで、この「コクヨ ワンパッチスタンプ ターPSM10B」ならば、それまで書類のパンチ穴補強にかけていた手間を大幅に減らすことができるのではないだろうかと考えて、この商品を購入することにしました。

ワンパッチスタンプの値段はいくら?どこで売ってる?

最初に見かけたのは文房具店でした。

しかし、少しでも安く購入しようと考えて、インターネットの通販サイトで購入しました。

本体価格は、200片のシールが付属した状態で、私が購入したインターネットの通販サイトでは370円でした。

文房具店の店頭は、もう少し高かったです。

ワンパッチスタンプ専用つめ替えシール 10個パックというものも購入しています。

こちらは、1299円でした。

そのため、つめ替え用シールに関しては、1枚あたり約1円くらいということになるかと思います。商品の便利さから考えると、かなり安いものだと感じています。

 

普段は私以外がこの「コクヨ ワンパッチスタンプ ターPSM10B」を使うことはないため、自分のデスクに置きっぱなしにしています。

仕事でパンチを使って穴を開けた際は、その場ですぐ使用します。

縦置きなので、場所も取らず、デスクのどこに置いても邪魔にならないところも大変よいポイントだと思っています。

便利なのは「すぐに穴が破れてしまう書類を綺麗に収納できる」「長期的に使用する書類を保存整理できる」「作業時間も大幅にカットできる」ところ|ワンパッチスタンプ

「コクヨ ワンパッチスタンプ ターPSM10B」は、私の場合は、毎日大量に使う商品というわけではないのですが、本当に手元にあると便利です。

経理などの仕事をしたことがあるかたならご理解いただけるかと思うのですが、請求書や納品書などは、送付元によっては、かなり薄い紙が使用されている場合があります。

そのような、すぐに穴が破れてしまう書類を、ファイルなどに保存する際に、とても綺麗に収納することができるようになりました。

 

とにかく見た目の綺麗さが全く違います。

今後、これを使わずに書類整理をするなんて考えられないくらいです。

 

些細なことかもしれませんが、長期的に使用する書類がある会社にはとてもよいと考えています。

何度も繰返し見るような書類は、特に、この商品を使うと使わないとでは、大違いです。

ぽんぽんとスタンプを押すようにシールを貼って行けることから、作業時間も大幅にカットすることができるようになりました。

またこの商品は、シールの台紙というものもないため、不必要にごみが出る、ということもありません。1枚ずつシールを貼っていたころよりも作業が楽になったことで、書類管理にかける時間はかなり減っています。

悪かったのは「一度に2枚剥がれてしまう」ところ|ワンパッチスタンプ

基本的には、私はワンパッチスタンプを使って失敗したと感じたことはありません。
そのくらい便利な商品だと思っています。

ただし、ごくまれに、
「1枚ずつ出てくるはずのシールが、静電気などで、一度に2枚剥がれてしまう」
という状態が発生します。

静電気などがあると思うので、こればかりはどうにもならないものだと感じていますが、もしも、この部分が改良されてくれれば完璧です。

 

現状では、複数枚のシールが1度に剥がれてきたときは、手ではがして、必要な場所に貼る、という作業をしています。

毎回そうなるわけでもありませんが、そうなったときは、少しだけ「面倒くさいな」と感じます。

この部分に関しては自力では対応できそうにないため、商品の改良に期待しています。

 

また複数枚取れてしまった、という状態は、目視でしか確認できません。

複数枚取れた場合は、色が少し違って見えたり、厚みが出たりするため、それで気が付くことが多いです。

もしかしてよく見ていなければ大量にはがれてしまっても気が付かないのではないだろうかと思うことはあります。

 

現状、いつもそうだというわけではないので不便というほどでもありませんが、いつか改善されたらいいなとは思います。

ワンパッチスタンプの効果的な使い方(活用のコツ)

仕事で穴あけ用のパンチを使用するならば、ワンパッチスタンプは、かなりおすすめの商品です。

穴にスタンプのように押していくだけなので特に手間もかかりません。書類を綺麗に保存できるので、見た目も気分もすっきりします。

慣れればどんどん簡単に処理することができるので、私は作業効率もよいと思っています。

繰返し見る書類などを、リング穴式のファイルに保存するような作業の多いかたには、特にぴったりです。

面倒くさがりの私でもワンパッチスタンプを使用することは、全く面倒だと感じません。

小さいのでまったく場所も取りませんし、デスクに置いておくと便利です。

ワンパッチスタンプの楽天・amazonでの販売価格

【amazon販売】

BM04604 ワンパッチスタンプ タ-PSM10B

新品価格
¥450から
(2018/4/10 15:33時点)

【楽天販売】

>>ワンパッチスタンプの楽天販売店はこちら

【動画で解説!】ワンパッチスタンプ