お客様への不備箇所の指摘に便利な3M「はってはがせるテープ」を派遣職女性が使った感想口コミ

はってはがせるテープを購入する前は「一部付箋が剥がれて苦情」が大変だった

29歳派遣、女性、千葉県在住です。

文房具名は「3M スリーエム スコッチ セロハンテープ はってはがせるテープ 811-1-12D 12mm×20m 芯25mm」です。

はってはがせるテープを選んだきっかけは仕事でのトラブルです。

お客様から提出された書類の内容確認をするという仕事を行っております。

 

書類の内容に不備があれば修正してほしい箇所についての説明を添えてお客様に返却し、再提出してもらうという業務です。

 

「修正してほしい箇所についての説明」とは具体的には、付箋に「ここを訂正してほしい」「ここに印鑑を押してほしい」といった旨を手書きで記入して、その付箋を不備箇所にピンポイントで貼るという作業です。

単純な仕事ではあるのですが、この仕事をしていく中で何度かトラブルになったことがありました。

まず、全ての不備箇所に付箋を貼ってお客様に返却しているはずなのに、再提出された書類ではその箇所の修正がなされていないまま。

そしてそれを再度お客様に指摘すると、

「返却されたときにその指摘はなかった。最初から言ってほしい」
「ここに印鑑がいるなら付箋をつけておいてほしかった」

といったように逆にご指摘を受ける、というものです。

お客様によってはかなり怒ってしまい、大きな苦情案件となってしまったこともありました。

しかしこちらのミスかと思って返却書類の控えコピーを見ると、ちゃんと全ての不備箇所に付箋は貼り付けられているのです。

つまり結論としては、
返却書類を封入して発送、それがお客様の元へと到着して開封される、この間のどこかのタイミングで一部付箋が剥がれてしまっていたのだと思われます。

このままでは今後も多くのお客様に迷惑をかけてしまう可能性が高いため、
付箋をしっかりと貼り付けることができて、最終的にはきれいにはがせる」、そういった物はないかと調べた結果、この「はってはがせるテープ」があることを知り購入に至りました。

はってはがせるテープの値段はいくら?どこで売ってる?

値段は282円でしたが、これは恐らくセール価格だったと思われます。

Amazonで購入しましたが、会社近くの文房具屋さんで販売されているところを見たこともあります。

主に仕事場で使用しています。

お客様から提出された書類の不備箇所に、

「ここを二重線で訂正してください」
「ここにも印鑑を押してください」

といった要修正点を記入した付箋を貼り付けるのですが、その付箋の粘着部分でない方(ひらひらとしている方)にこの「はってはがせるテープ」を上から貼り付けています。

これによって、付箋がひらひらすることなくぴったりと書類に密着した状態になります。

また、自宅で壁や家具にちょっとしたメモを貼り付けるときなども、この「はってはがせるテープ」を使用しています。

 

基本的には自宅でのメモは冷蔵庫にマグネットを使ってとめているのですが、マグネットが足りなかったり冷蔵庫に貼り付けられるスペースがない時は、臨時的にこのテープを使って適当な場所にメモを貼り付けます。

便利なのは「お客様からのクレームがほぼなくなった」「上から貼り付けても付箋の文字が見える」「書類封入作業も神経質にやらなくて大丈夫」なところ|はってはがせるテープ

付箋が書類に密着固定されたため、書類がお客様の元に届いて開封されるまでにはがれるということがなくなったのか、「なぜここにも付箋を貼ってくれなかったんだ」「不備の指摘をしていないのはそっちじゃないか」といった内容のクレームがほぼなくなりました。

あったとしても、それは本当にこちら側のミスであるパターンでした。

お客様に余すことなく修正点をご案内するという職務を全うするにあたって、大きな役割を果たしてくれています。

このテープ自体は透明なので、上から貼り付けても付箋の文字が見えなくなるということがなく、その点も助かりました。

また、「はってはがせるテープを貼っているから多少のことでは付箋は剥がれない」とわかっているため、その後の書類封入作業でもあまり神経質になりすぎることなく、テンポよく手を進めることができるようになり、業務の時間短縮にもつながっています。

さらに嬉しかったことが、本当にきれいにはがすことができて粘着力がなくなりにくいため、何度でも再利用することができる点です。

 

そのためなかなかテープが枯渇するということがなく、コストパフォーマンスの高さも実感しました。一度購入すれば長期間にわたって使用できる、実はとても経済的な文房具でもあるという想定外の発見でした。

悪かったのは「繊維の粗い紙ではがし跡が残った」ところ|はってはがせるテープ

この「はってはがせるテープ」の使用にすっかり慣れ切った頃のことなのですが、その時かなり急いでいたばかりに書類に貼り付けていた「はってはがせるテープ」を乱雑にはがしたところ、書類にはがし跡が残ってしまったことがありました。

いくら「はってはがせる」とは言っても乱暴な扱いは禁物でした。

その後は「焦らず丁寧にはがす」ということを意識するようにして作業していたため、書類にはがし跡が残るといったようなことにはなりませんでした。

また、「どうせなら粘着力がなくなるまで使い尽くしたい」と思って何十回も再利用していたところ、ある時少し書類を傾けた際、ひらひらと付箋が落ちてしまったことがありました。

テープの粘着力が完全になくなってしまったのだと思います。

このことがあってからは、何回も使ったものは多少粘着力が残っていても捨てる、という風に気を付けるようにしたので、その後は付箋がはがれるという事態は起こりませんでした。

また、雑紙のような繊維の粗い紙に貼ったときだけは、なぜかきれいにはがせず、紙にはがし跡が残ってしまったことがあります。

あらゆる種類の紙で問題なく使用できるよう、粘着部分を改善してもらえるとより助かります。

はってはがせるテープの効果的な使い方(活用のコツ)

付箋の粘着部分でない方(ひらひらとしている方)に少し貼るだけでもぴったりと固定させることができるので、1回に使用する長さはごく短めで問題ありません。

 

さらに、貼ってはがしてと何度も繰り返すことができるので、1回はがしたらすぐ捨てるということはせず、ぜひ数回再利用してください。

 

このような使い方をしていけば何度も買い直す必要がなく、経済的で環境にも優しいです。

 

ただし念のため、繰り返し使うたびに必ず粘着力を確認して、あまりに粘着力が弱ってきたものは使わないようにしてください。

また、通常のセロハンテープよりも少しだけ厚めでカットしにくいため、テープカッターに関してはできる限り刃の質が良いものを使ってください。

はってはがせるテープの楽天・amazonでの販売価格

【amazon販売】

3M スリーエム スコッチ セロハンテープ はってはがせるテープ 811-1-12D 12mm×20m 芯25mm

新品価格
¥281から
(2018/4/10 15:48時点)

【楽天販売】

>>3M スリーエム スコッチ セロハンテープ はってはがせるテープの楽天販売店はこちら

【動画で解説!】貼ってはがせる!強力フックと両面テープの使い方/初心者DIY