複数メンバーでカレンダーやスケジュールの共有ができる便利なアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を使った33歳会社員のおすすめな使い方

複数メンバーでカレンダーやスケジュールの共有ができる便利なアプリ「TimeTree(タイムツリー)」

・33歳
・会社員
・女性
・富山県
・iPhone6
・「TimeTree(タイムツリー)」

「TimeTree(タイムツリー)」は複数のメンバーでカレンダーやスケジュールの共有ができるアプリです。

共有するカレンダーは、「家族」「恋人」「仕事」など、別々のメンバーでいくつも作成することが可能です。

アプリを開くと、カレンダーが表示され、各日にちの枠内に自分で登録した予定や、他の人が登録した予定が表示される仕組みになっています。

予定を入力する際には、カレンダー画面を開き、中央下部の+プラスアイコンをタップします。

編集画面で予定名(タイトル)、日付、時間、参加する人の名前、場所などを入力していきます。

週1回や年1回など、すでに決まっている予定を、自分の好きなサイクルに合わせて繰り返してくれる機能もあります。

日付が決まっていない予定を、日付未定でキープする機能や、付け加えて情報を書き込みたい時に便利なメモ欄もあります。

また、予定を登録したり変更したりすると、共有しているメンバーにリアルタイムで通知されるようになっています。

個々の予に対して「参加」や「いいね」などの反応を示すこともできます。個々の予定をLINEに送信できる機能もあります。

メンバー1人ひとりが、自分の名前とともに表示させる画像を設定することもできます。

さらに、自分ひとりだけの予定を入力するカレンダーをひとつ持っておけば、「共有する予定」+「自分だけの予定」も合わせて、マイスケジュールとしてひとつのカレンダー上で表示してくれます。

 

これにより、“彼には内緒にしておきたいサプライズの予定”や、“自分1人にしか関係のない、コンタクトの交換予定”なども、共有している予定と合わせて、ひとつのカレンダー上で確認することができます。

今日の予定の通知を設定できる点も便利です。通知時間は自分で設定できます。

私は毎朝7:00に今日一日の予定をスマホの画面に表示させるようにしています。

「TimeTree(タイムツリー)」【便利な使い方】「夫の急な仕事での予定調整」

私は、夫と共有するためのカレンダーをひとつ作成し、もうひとつ別に私個人で使用するカレンダーを作成して使用しています。

夫は急に仕事が入ったり、自分の趣味のサッカーチームの練習や試合を、たびたび休日に入れたりするのですが、以前、私は全く彼の予定を把握できていませんでした。

そのため、週末の計画などが非常に立てにくかったです。

休みの日の前日になって、
「明日サッカーの試合だから」と言われ、「え、聞いてないよ?」と言ってしまうこともありました。

 

ひどければ当日の朝、「今日、午前中サッカーの練習だから」と言われて初めて知ることもありました。

 

しかし、私から夫に口頭で細かく予定を聞いてしまうと、彼は非難されていると感じるようで、なんとなく聞きづらくもありました。

これでは喧嘩の種になってしまう、なんとかしないと、と思っていたところ、TimeTreeを知り、早速インストールしました。

夫は当初、TimeTreeを使うことにあまり乗り気ではありませんでしたが、半ば強制的にインストールさせました。

自分の画像の登録するところには、夫は、夫と子供。

私は、私と子供の写真を登録しました。

それがよかったのかもしれません。

しばらく使ってみたところ、夫から積極的に自分の予定を登録してくるようになりました。

口頭で説明しなくてもよいツール、というところが彼にとっては非常に便利だったようです。

また、予定を登録・変更した場合、リアルタイムでわかるので、私からの「え、聞いてないよ?」を聞かずに済むのも利点なのだと思います。

もし言われたとしても、いつ登録したのかという証拠になります。

彼の仕事の予定も、共有カレンダーとは別にひとつカレンダーを作成して、管理しているようです。

彼はTimeTreeを使用する前までは、手書きの手帳を使っていたのですが、書き漏れがあったり、手帳を携帯していなかったりと、あまり活用できていなかったようです。

TimeTreeを使ってから、お互い予定を伝え合うのが苦にならなくなりました。

それどころか、会話に予定の話題がどんどん出てくるようになりました。

例えば、
子どものお祝い行事があったときは、「子供のお稚児さん、来月だね」と話題にのぼるとすぐに「TimeTreeに登録しておこうか」とどちらからともなく登録するようになりました。

またある時は、夫のほうから、「TimeTreeに登録したんだけど、来週の日曜、仕事が入ったんだ」とわざわざ口頭で伝えてくれるようになりました。

おかげで夫との喧嘩が減りました!今では夫が友人たちに、TimeTreeをおすすめしています。

「カレンダーの選択がわかりにくい」|「TimeTree(タイムツリー)」アプリで改善してほしいところ(注意点)

「TimeTree(タイムツリー)」では新規に予定を登録する際に、どのカレンダーに登録するかを選択できますが、マイスケジュール(すべての予定を一括で確認できるカレンダー)から登録しようとすると、カレンダーの選択がわかりにくいです。

例えば、自分一人で使用しているカレンダーに入れるはずの予定を、共有カレンダーに登録してしまうこともあります。

また逆も然りで、共有したい予定を、本来の登録したいカレンダーではないところに登録してしまい、メンバーとは全く共有できていない、ということも考えられます。

私も当初はよく間違えてしまいました。慣れるまでには少し時間が必要です。

対処法としては、アプリを開いたあとに、左上部のメニューを開き、登録したいカレンダーを開いてから画面中央下部の+プラスアイコンをタップすると、間違いが防げると思います。

カレンダーごとに、個々にカラーを変えることができるので、まったく色味の違うものにしておくと、なお良いです。

マイスケジュール上で新規に予定を登録すると、個々の予定の登録の詳細の箇所でカレンダーを選択することになりますが、この方法だと間違えやすいです。(若い人、スマホ操作に慣れている人、きちんと画面を見る人ならば、大丈夫かと思います)

また、月のカレンダーに表示できる個々の予定の文字数が6文字までと決まっています。

各日にちをタップすれば、タイトル(予定名)を15文字まで確認できますが、あまりに長文だと、個々の予定をひとつずつタップしないと確認できません。予定のタイトルは簡潔に、シンプルにするといいと思います。

若者カップルにも良いアプリ「TimeTree(タイムツリー)」のおすすめな使い方

「TimeTree(タイムツリー)」がおすすめなのは
ずばり、「予定を伝えた・伝えていない」で喧嘩になりそうな、若者カップルです!

とは言っても、「TimeTree(タイムツリー)」アプリは万人向けだと思うので、家族間、恋人同士、仲良しのグループ同士、部活やサークルのメンバー、職場、どんなメンバー間でも活用できます。

家族間なら、「今日の夕飯、みんなそろっているのかな?」とママがご飯の用意をするときに役立ちます。

週末に家族そろって出かける予定もたてやすいです。小さなお子様がいる家庭なら、保育園の送り迎えを夫と妻どちらが行くか、という予定も入れておくと便利です。

サークルのメンバーで使用するときは、「参加」ボタンがあるので、イベントや練習、飲み会があるときに、参加人数を確認できます。

 

職場のメンバーで使用するときは、ミーティングの予定や仕事の納期などを予定として入れておくといいと思います。

備忘録にもなりますよ!

若い方や、スマホ操作に慣れている方ならば、このアプリはなおさらいいと思います。

本当は私や夫の両親に使ってもらいたいのですが、年配者にはハードルが高いと思います。

アプリのダウンロード・登録は、教えながら行うことができますが、「自分で予定を登録してね。」とか、「予定入れたのに、見てないの?」ということになりかねません。

そして、毎日アプリを開くというマメな性格の方にはかなりオススメです。結局アプリを開かないと、予定がわからないので…。

今まで予定を忘れてドタキャンしてしまった方や、「仕事もプライベートも忙しすぎてたまらない!」という方にもおすすめです。