長崎県諫早市で得するスマートELLECA(エレカ)カードのメリット・デメリット口コミ~26歳女性に便利な使い方

わたしは長崎県諫早市天満町在住の、26歳女性です。

職場は地元の一般企業で、事務の仕事をしているOLです。

現在、会社から徒歩10分ほどの距離のアパートで一人暮らしをしています。

ちなみに、職場から徒歩5分ほどの距離に、スーパー「エレナ」があります。

職場には、食堂がないため、お昼休みはエレナで昼食を買う事がときどきあります。

また、仕事帰りに夕飯の買い物をすることがほとんどで、週に4から6回の頻度で、夕飯の買い物をするためにエレナを利用します。そこで使っているカードが「スマートELLECA(エレカ)」です。
>>スーパー「エレナ」公式サイト

現金をチャージして使える電子マネーにもなっているので、最近は電子マネーとして利用するようになりました。

長崎県諫早市で得するスマートELLECA(エレカ)カードを作った理由

住んでいるアパートの近くに、ローカルなスーパー、エレナがあります。

職場からも近いため、昼食を買うことがあったり、夕飯のための買い物をするために、エレナに立ち寄ることが頻繁にあります。

もともとレジの際、店員さんから毎回必ずカードの有無を聞かれていたので、最初からカードの存在は知っていました。

のちにポイントが貯まると、500円のお買い物券が出るということを知りました。

利用頻度が高いから、ポイントカードを持っていた方がお得だな、と思うようになりました。

サービスカウンターで説明を受けて、カードを作ることに対して特にデメリットもなさそうだったため、迷わず、作ることを決めました。

スマートELLECA(エレカ)カードのメリット「10000円を一気にチャージで50ポイントお徳」

長崎県に住んでいますが、一番よく利用する最も近場のエレナを始め、県内の他のエレナでも使用します。スーパーエレナで買い物をする時、200円の買い物につき、1ポイント加算されます。

加算されたポイントが500ポイントになった時、500円分のポイント券に変えることができます。

最近は電子マネーでの支払いをしていますが、ポイントを貯めたいという気持ちで毎回利用しているわけではないので、ポイントについてあまり気にしないうちに、気付いたら溜まっているということが多いです。

500円は、節約している自分にとって、とてもありがたい金額なので、普段あまり買わないようにしている少しお高めのデザートを買うなどして、お得感を味わっています。

また、カード利用に対するお得感は、10000円を一気にチャージした時にも味わえます。

最初に電子マネーの利用の説明を受けた時に、10000円を一度にチャージすることで、50ポイントのサービス加算があるということを聞いていました。

それまで、10000円も一気にチャージすることに抵抗がありましたが、ある時、どうせ利用するだろうという気持ちで10000円をチャージしたことがあります。

普段、貯めようと思っても、なかなか貯まらない50ポイントが、チャージしただけで加算されたのは、とてもお得に感じました。

実際、普段の食事を、エレナで買った食材で用意することが多く、カードもよく利用するため、10000円は決して高いハードルではないことに気付きました。それ以来、時々10000円チャージして、50ポイントもらうようになりました。その度に、得した気分になっています。

スマートELLECA(エレカ)カードのデメリット「電子マネーのポイント加算サービスがない」

良くないと思ったところを敢えて挙げるとしたら、以前別の地域の別のスーパーで使っていた電子マネーカードとの比較になります。

そのスーパーでは、電子マネーで支払うことで、さらに1ポイント加算してポイントを付けてもらえていました。

そのため、電子マネーで支払う方が倍ポイントが貯まりやすかったので、進んで電子マネーで支払いをしていました。

実際に、あっという間に500円券が発行されるということが何度もありました。

それに対して、エレカは電子マネーを使っても、そのポイント加算サービスがありません。

よって、普段電子マネーを使って支払いをすることでお得になることは、さほどありません。

唯一、電子マネーを使うことでお得になるのは、一度に10000円チャージすると、50ポイントが加点されるというサービスがあることです。

もう一つ残念だと思うことは、スマートELLECA(エレカ)カードはポイントの後付けが出来ないことです。

以前、たくさん買い物をした時に、たまたまカードを忘れてしまい、ポイントを付けてもらえなかった時は、ショックでした。

もう一つ、たまに利用する別のスーパーが近くにあるのですが、そちらのカードは、3日以内であれば後付けしてもらえるので、その感覚でいるとダメなのだと気を付ける必要があります。