福岡県福岡市西区で便利な「f-JOY POINT CARD」のメリット・デメリット口コミ~36歳専業主婦の便利な使い方

36歳の専業主婦(女性)、福岡県福岡市西区今宿在住です。

元々福岡出身ですが、結婚後主人の転勤で一時期県外に出ていたのですが、数年前に福岡に転勤となり現住所に住んでいます。

普段はネットショッピングすることが多いので、あまりポイントカード類は多くない方だと思います。

そんな私が現在利用している地元密着型のカードは「f-JOY POINT CARD」です。

「f-JOY POINT CARD」は主に食料品や生活雑貨を購入する際に利用しているポイントカードで、f-JOY POINT CARDにはクレジット機能が付いたものと付いていないものがあるのですが、私が所有しているのはクレジット機能が付いていないポイントが貯まるだけのタイプです。

福岡県福岡市西区で便利な「f-JOY POINT CARD」を作った理由

 

【そのカードを作るきっかけとなった出来事】
数年前に現住所に転居した際に、たまたま木の葉モール橋本の中の店舗で買い物をしていたところ、レジにて感じの良い店員さんからカードを所有しているか聞かれ、持っていないと伝えたとこら、勧められたので作りました。

決め手になったのは、クレジット機能はついていないただのポイントカードであること、それに他にも利用できる施設があり、それが割と行く機会がある場所だったので、その点も決め手になりました。

 

「f-JOY POINT CARD」のメリット「やおや植木商店でも使えてお得」

f-JOY POINT CARDカードは、キャナルシティ博多、マリノアシそティ博多、リバーウォーク北九州、木の葉モール橋本の4カ所で使えるカードです。

私は特に、家から近い木の葉モール橋本で食料品や日用品を買い物をする機会が多く、木の葉モール橋本内のテナントで200円の買い物をすると1ポイント付いて、500ポイント貯まるごとに金券と交換できます。

毎回の買い物の金額は1000円?3000円程度ですが、毎月ポイント2倍デーがあったり、数ヶ月おきにポイント5倍や10倍デーがあるので、地道に使っていると結構ポイントが貯まります。

食料品や生活用品は必ず必要なものの為、金券の使い道も必ずあるので、無駄にならず良いです。

私が一番利用している店舗で、ポイントカードを作ったのも「やおや植木商店」という八百屋さんなのですが、テレビで紹介されたこともある人気店で、平日の夕方や土日は長蛇の列ができます。

一見対象外のような感じがする八百屋さんでもちゃんとポイントが付くのはお得感があります。

それから、キャナルシティ博多にはユナイテッドシネマが入っており、上映作品の種類も多く、3Dや4DXも観られる大きな映画館なので、映画を観に行く時は大体そちらを利用するのですが、映画館でもポイントが付くのでありがたいです。

また、残念ながら2017年6月に閉店してしまったのですが、キャナルシティ博多に併設されているグランドハイアット福岡の地下1階に入っていたスタールヴァンシスというお気に入りのパン屋さんが入っていて、ポイントカードを提示するとパンを1割引きで買えたので、よく利用していました。

マリノアシティ博多はアウトレットモールなのですが、店舗によってカードを提示すると購入金額によって更に割引が受けられることがあるので、お得に買い物することが出来たこともありました。

 

「f-JOY POINT CARD」のデメリット

良くないと思った点は、ポイントの後付けができないため、カードを忘れてしまうとポイントが付かないところです。

実際にカードを忘れ失敗したと思ったことが何度かあります。

忘れなければいい話ではありますが、お財布とカードを分けて持ってる身からすると、レシートがあれば後日ポイント加算ができると親切だなと思います。

注意すべき点は、このカードが利用できる4施設の内、3施設は100円の買い物で1ポイント付くのですが、私が一番利用する機会の多い、木の葉モール橋本だけは200円の買い物で1ポイントしか付かないところです。

また、テナントによってはポイント5倍や10倍デーでも、通常ポイントしか付かないところもあるので注意が必要です。

木の葉モール橋本には無印良品が入っていて、日頃から利用する機会が多く、たまに大きな買い物をすることもあるのですが、ポイント5倍10倍は対象外なのでちょっと残念です。

ちなみに、同カードのクレジット機能がついたものだと駐車場サービスが受けられるのですが、ポイントカードにはその特典がないので要注意。