複数の要件を1枚で書けて便利な植林木ペーパーチェックリスト付箋紙を神奈川県の男性性が使った感想口コミ

植林木ペーパーチェックリスト付箋紙を購入した理由は「複数の要件を1枚で書けること」

41歳、会社員、男性、神奈川県在住です。

便利だった文房具ですが、「植林木ペーパーチェックリスト付箋紙」です。

携帯電話はスマホカバーを利用していますが、そこに何を買えばいいのか?という買い物リストを入れています。

ただ、カバーの内側にポケットなどはついていないので、今まではゼムクリップを使って貼り付けていました。

ただ、ゼムクリップなので、ちゃんとふたがしまらず、買い物リストを付ける際は非常に不便でした。

会社で付箋を使っていたという事もあり、付箋を一時期つけたというのもあるのですが、やはり大きさがフィットせず、小さすぎたり、大きすぎて折らないといけないなど、ちょうどよい大きさの付箋が見つかりませんでした。

 

しかも、買い物リストなので、複数の店舗で購入する商品が記載されており、あまり多数の商品を記載してしまうと、何を買ったのか?が分からなくなる事のしばしばありました。

 

買ったものをペンを使って消していくという方法もありましたが、携帯カバーにペンを付ける場所などは無いので、収納場所に困っていたため、結局はペンで購入済の商品を消すという作業もしなくなってしまいました。

 

そんな困っている際、たまたま無印良品という事もあり、店舗を物色していたところ、なんと思い描いていたような付箋を見つけることができました。

 

見ていただくとわかりますが、ただの付箋ではありません。

 

ちゃんと大学ノートのようにラインが引いてあるため、そのラインに沿って文字を書くことが可能です。

 

この付箋であれば、何を買えばいいのか?を記入し、左側にチェックボックスがあるため、購入後、チェックを入れれば、何を買ったのか?と迷う事も無くなり、困っていたことが一気に解決しそうな商品です。

植林木ペーパーチェックリスト付箋紙の値段はいくら?どこで売ってる?

無印良品で販売しています。名称としては「植林木ペーパーチェックリスト付箋紙(https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315549399)」です。

値段は250円で、45枚の付箋がついています。

大きさとしては、44×98mmです。

 

ちょうど携帯電話を小さくしたような大きさなので、携帯電話のカバーを付けている人であれば、その内側などに容易に貼る事が可能です。

 

もちろん、私は買い物の購入リストとして使っているため携帯電話に張り付けていますが、もちろん、ビジネスでも使う事はできると思います。

 

たとえば、システム手帳に今日やる事を箇条書きにして貼り付けておくとか、デスクで使うとしても、今日処理すべき業務内容を記載し、終わったらチェックをするという方法で使う事も可能かと思います。

 

また、何かを配布する際、配布したか否かをチェックするためのチェックリストとしても使う事が可能です。

便利なのは「区別・分類に役立つ」「スマホケースにも貼れる」「複数の要件を1枚でまとまる」ところ|植林木ペーパーチェックリスト付箋紙

この付箋で、いろいろな用途に使う事が可能です。

仕事しても使用でき、また、家庭でのメモ代わりとして、さらには、付箋なので、メモを貼り付けておくという機能もあるため、この付箋を使う事により、様々な用途で使う事が可能になりました。

 

また、罫線が入っているため、罫線ごとにはさみを使って切り取っておけば、小さな付箋としても使う事ができますし、そこにメモを記載し、何かに貼り付けて覚書きにするという事も可能です。

 

一時期この商品が販売されていなかった時期があり非常に困っていたのですが、最近になり、この商品がまた再登場するようになりました。

 

仕事でこの商品を使う事により、作業効率も上がりますし、左側にある四角のチェックを入れる場所が、何気にくべつするためのシルシとして役に立つ状況です。

 

またそのチェックを入れる場所を色で塗ることにより、分類をする事もできますし、罫線に色を塗ることによっても、他の箇所と区別する事も可能です。

 

無印良品は何気に便利な商品が多く存在しますが、この商品は非常におすすめです。

 

その人の使い方により、用途は無限に広がることが可能かと思います。

私は携帯電話に貼り付ける付箋として使っていますが、他にもいろいろな用途があると思います。

悪かったのは「枚数が少々少ない」「大きさの種類がない」ところ|植林木ペーパーチェックリスト付箋紙

機能的には非常に便利な付箋にはなっていますが、値段に対する枚数が少々少ない気がします。

45枚しかないため、買い物リストに使うとすると、約1か月半でなくなってしまいます。普通に販売している付箋であれば、もっと枚数はありますし、大きさも様々あります。

 

残念ながら、現在、販売されている付箋の大きさは、この大きさ1つしかないため、様々な大きさの付箋が存在するといいかなと思います。

 

また、ノート型のチェックリストはありますが、やはり大きさが大きいため、付箋型という事であれば、このリストを選ぶしか方法がありません。

 

そのため、枚数がもう少し多くなってくれればよいという事、また大きさも様々な大きさの付箋が存在する事、さらに欲を言えば、現状はマス目が1列が縦に並んでいますが、2列のマス目になったバージョンだったり、最初から色別に分かれているバージョンだったり、

さらには、紙そのものが白ではなく、黄色やピンクなど、普通に販売されている付箋と同じようにカラフルに存在していると、この色は会社用、この色はプライベート用などと分けることが可能かと思います。

 

現状は、蛍光マーカーで付箋の周りを塗って、プライベート用と仕事用で分けています。

植林木ペーパーチェックリスト付箋紙の効果的な使い方(活用のコツ)

正直なところ、人それぞれの使い方があるので、これが正解という事ではありませんが、人は忘れる動物なので、メモするというのは非常に大事な事です。

しかも、メモをして、後から見直したら、「よくわからなかった」ではメモした意味がありません。

そうならないためにも、仕事用とプライベート用の付箋を分ける事、また、蛍光マーカーや色鉛筆などを活用し、色を付けて分類するというのも1つかと思います。

また、大きさについても、適度な大きさに切って小さくして使うという事は可能なので、小さな付箋として使うのも1つですし、箇条書き付箋として使うというのも1つかと思いますが、やはり自分で使いやすい方法で使うのが一番効果的だと思うので、それぞれ、いろいろ試行錯誤して使ってみるのが良いと思います。

植林木ペーパーチェックリスト付箋紙の楽天・amazonでの販売価格

【amazon販売】
なし

【楽天販売】
なし

【動画で解説!】無印良品のチェックリスト付箋紙が僕の手帳術を変えた!